エクスポート (0) 印刷
すべて展開

BlobRequestOptions.UseFlatBlobListing プロパティ

BLOB 一覧作成操作で、コンテナー内のすべての BLOB のフラット一覧を作成するか、または仮想ディレクトリで階層的に BLOB の一覧を作成するかを示す値を、取得または設定します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient (Microsoft.WindowsAzure.StorageClient 内)

'使用
Dim instance As BlobRequestOptions
Dim value As Boolean

value = instance.UseFlatBlobListing

instance.UseFlatBlobListing = value

public bool UseFlatBlobListing { get; set; }
/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public boolean get_UseFlatBlobListing ()

/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public void set_UseFlatBlobListing (boolean value)

CompilerGeneratedAttribute 
public function get UseFlatBlobListing () : boolean

CompilerGeneratedAttribute 
public function set UseFlatBlobListing (value : boolean)

プロパティ値

BLOB のフラット一覧が作成される場合は True、それ以外の場合は false。 既定値は false です。

仮想階層とフラットの両方で BLOB の一覧を作成し、可能性のある結果を表示するコード例を次に示します。

static void ListBlobsInVirtualDirectory(Uri blobEndpoint, string accountName, string accountKey)
{
    //Create service client for credentialed access to the Blob service.
    CloudBlobClient blobClient = new CloudBlobClient(blobEndpoint, new StorageCredentialsAccountAndKey(accountName, accountKey));

    //List blobs in container 'mycontainer' beginning with prefix 'a/', using a hierarchical listing.
    //The results list only blobs directly beneath 'mycontainer/a/'
    foreach (var blobItem in blobClient.ListBlobsWithPrefix("mycontainer/a/"))
    {
        Console.WriteLine(blobItem.Uri);
    }

    //Hierarchical listing results:
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/00001.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/

    Console.WriteLine();

    //List blobs in container 'mycontainer' beginning with prefix 'a/', using a flat listing.
    //The results list all blobs beneath 'mycontainer/a/', even if they are in a subdirectory.
    BlobRequestOptions options = new BlobRequestOptions();
    options.UseFlatBlobListing = true;
    foreach (var blobItem in blobClient.ListBlobsWithPrefix("mycontainer/a/", options))
    {
        Console.WriteLine(blobItem.Uri);
    }

    //Flat listing results:
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/00001.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/00002.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/c/00003.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/c/00004.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/c/00005.txt
    //http://storagesample.blob.core.windows.net/mycontainer/a/b/c/00006.txt
}


このプロパティは、BLOB の一覧を作成する要求にのみ適用されます。

既定の BLOB 一覧作成操作では、仮想階層を使用して BLOB の一覧が作成されます。 階層的な BLOB 一覧作成では、BLOB 名で使用されている区切り文字が、パス区切りとして処理されます。 一覧作成操作では、コンテナーまたは仮想ディレクトリのすぐ下にある BLOB だけが対象になります。 一覧作成操作では、CloudBlob 型および CloudBlobDirectory 型のオブジェクトが返される場合があります。

UseFlatBlobListingtrue に設定すると、仮想階層ではなくフラットで BLOB の一覧が作成されます。 BLOB のフラット一覧では、指定した開始位置の下にあるすべての BLOB が、仮想階層内での位置に関係なく返されます。 BLOB のフラット一覧作成からは、CloudBlob 型のオブジェクトのみが返されます。

一覧にスナップショットを含めるには、フラット一覧を使用する必要があります。


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft