エクスポート (0) 印刷
すべて展開

BlobRequestOptions.AccessCondition プロパティ

要求のアクセス条件を取得または設定します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient (Microsoft.WindowsAzure.StorageClient 内)

'使用
Dim instance As BlobRequestOptions
Dim value As AccessCondition

value = instance.AccessCondition

instance.AccessCondition = value

public AccessCondition AccessCondition { get; set; }
/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public AccessCondition get_AccessCondition ()

/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public void set_AccessCondition (AccessCondition value)

CompilerGeneratedAttribute 
public function get AccessCondition () : AccessCondition

CompilerGeneratedAttribute 
public function set AccessCondition (value : AccessCondition)

プロパティ値

型: AccessCondition

要求に対する条件パラメーターを指定する構造体。

BLOB の ETag が指定された値と一致する場合に BLOB を削除する例を次に示します。

static void DeleteIfMatch(Uri blobEndpoint, string accountName, string accountKey, string eTag)
{
    CloudBlobClient blobClient = new CloudBlobClient(blobEndpoint, new StorageCredentialsAccountAndKey(accountName, accountKey));

    //Get a reference to the blob.
    CloudBlob blob = blobClient.GetBlobReference("mycontainer/myblob.txt");

    //Indicate that any snapshots should be deleted.
    BlobRequestOptions options = new BlobRequestOptions();
    options.DeleteSnapshotsOption = DeleteSnapshotsOption.IncludeSnapshots;

    //Specify the if-match condition. The blob will be deleted if its ETag matches the value passed in.
    options.AccessCondition = AccessCondition.IfMatch(eTag);

    //Delete the blob if the condition is met.
    blob.Delete(options);
}


要求に対する既定のアクセス条件は None です。

アクセス条件では、サービスによって操作が実行されるために満たす必要のある条件を指定できます。 AccessCondition 構造体では、次のいずれかのアクセス条件を正確に指定するために使用できるメソッドが提供されます。

  • If-Match。指定した Etag 値が BLOB の Etag 値と一致する場合にのみ、操作が実行されます。 このアクセス条件を取得するには、IfMatch メソッドを使用します。

  • If-None-Match。指定した Etag 値が BLOB の Etag 値と一致しない場合にのみ、操作が実行されます。 このアクセス条件を取得するには、IfNoneMatch メソッドを使用します。

  • If-Modified-Since。指定した日時以降にリソースが変更された場合にのみ、操作が実行されます。 このアクセス条件を取得するには、IfModifiedSince メソッドを使用します。

  • If-Not-Modified-Since。指定した日時以降にリソースが変更されていない場合にのみ、操作が実行されます。 このアクセス条件を取得するには、IfNotModifiedSince メソッドを使用します。


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft