エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

AccessCondition.IfNoneMatch メソッド

リソースの ETag 値が指定された ETag 値と一致しない場合にのみ操作が実行されるようなアクセス条件を返します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient (Microsoft.WindowsAzure.StorageClient 内)
'使用
Dim etag As String
Dim returnValue As AccessCondition

returnValue = AccessCondition.IfNoneMatch(etag)
public static AccessCondition IfNoneMatch (
	string etag
)
public static AccessCondition IfNoneMatch (
	String etag
)
public static function IfNoneMatch (
	etag : String
) : AccessCondition

パラメーター

etag

検査する ETag 値。

戻り値

If-None-Match 条件を指定する構造体。

BLOB がまだ存在しない場合にのみ BLOB をアップロードするために if-none-match 条件を設定する例を次に示します。

static void UploadIfNotExist(Uri blobEndpoint, string accountName, string accountKey)
{
    //Create service client for credentialed access to the Blob service.
    CloudBlobClient blobClient = new CloudBlobClient(blobEndpoint, new StorageCredentialsAccountAndKey(accountName, accountKey));

    //Get a reference to the blob.
    CloudBlob blob = blobClient.GetBlobReference("mycontainer/myblob.txt");

    //Specify the if-none-match condition.
    BlobRequestOptions options = new BlobRequestOptions();
    options.AccessCondition = AccessCondition.IfNoneMatch("*");

    try
    {
        //Upload the blob only if it does not already exist.
        blob.UploadText("Upload this blob if it does not already exist.", Encoding.UTF8, options);
    }
    catch (StorageClientException e)
    {
        if (e.ErrorCode == StorageErrorCode.BlobAlreadyExists)
        {
            Console.WriteLine("Blob was not uploaded because it already exists.");
        }
        else
        {
            Console.WriteLine(e.Message);
        }
    }
}


このアクセス条件を設定すると、HTTP の If-None-Match 条件ヘッダーを含むように要求が変更されます。

このアクセス条件を設定した場合は、リソースの ETag が指定された ETag と一致しない場合にのみ操作が実行されます。

リソースが存在しない場合にのみ操作を実行するには、etag パラメーターに対してワイルドカード文字 (*) を渡します。

詳細については、「Specifying Conditional Headers for Blob Service Operations」を参照してください。


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.