エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

RoleEnvironment.StatusCheck イベント

ロール インスタンスのステータスを示すために定期的な間隔で発生します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime (Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime 内)
'使用
Dim handler As EventHandler(Of RoleInstanceStatusCheckEventArgs)

AddHandler RoleEnvironment.StatusCheck, handler

public:
static event EventHandler<RoleInstanceStatusCheckEventArgs^>^ StatusCheck {
	void add (EventHandler<RoleInstanceStatusCheckEventArgs^>^ value);
	void remove (EventHandler<RoleInstanceStatusCheckEventArgs^>^ value);
}
/** @event */
public static void add_StatusCheck (EventHandler<RoleInstanceStatusCheckEventArgs> value)

/** @event */
public static void remove_StatusCheck (EventHandler<RoleInstanceStatusCheckEventArgs> value)

StatusCheck イベントを使用して、ロール インスタンスのステータスを変更できます。 ロール インスタンスは Ready または Busy のいずれかの状態を 示すことがあります。 ロール インスタンスのステータスが Ready の場合、ロード バランサーからの要求を受信する準備ができています。 インスタンスの状態が Busy の場合、ロード バランサーからの要求は受信されません。 RoleInstanceStatusCheckEventArgsSetBusy メソッドを呼び出して、ロール インスタンスのステータスを一時的に Busy に設定できます。これにより、ロード バランサーからロール インスタンスが削除されます。

次のコード例は、ロール インスタンスのステータスを Busy に設定する方法を示しています。


public override bool OnStart()
{
   RoleEnvironment.StatusCheck += RoleEnvironmentStatusCheck;

   return base.OnStart();
}

// Use the busy object to indicate that the status of the role instance must be Busy
private volatile bool busy = true;
    
private void RoleEnvironmentStatusCheck(object sender, RoleInstanceStatusCheckEventArgs e)
{
   If (this.busy)
   {
      // Sets the status of the role instance to Busy for a short interval.
      // If you want the role instance to remain busy, add code to 
      // continue to call the SetBusy method
      e.SetBusy();
   }
}

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.