エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

RoleEnvironment.GetLocalResource メソッド

指定されたローカル ストレージ リソースを取得します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime (Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime 内)
'使用
Dim localResourceName As String
Dim returnValue As LocalResource

returnValue = RoleEnvironment.GetLocalResource(localResourceName)
'宣言
<SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Assert, UnmanagedCode:=True)> _
Public Shared Function GetLocalResource ( _
	localResourceName As String _
) As LocalResource
/** @attribute SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Assert, UnmanagedCode=true) */ 
public static LocalResource GetLocalResource (
	String localResourceName
)
public static function GetLocalResource (
	localResourceName : String
) : LocalResource

パラメーター

localResourceName

ServiceDefiniton.csdef ファイルで定義されたローカル ストレージ リソースの名前です。

戻り値

ローカル ストレージ リソースを表す LocalResource のインスタンスです。
例外の種類条件
RoleEnvironmentException

ローカル ストレージ リソースは存在しません。

次のコード例は、このメソッドを使用してローカル ストレージ リソースを取得し、リソースにテキスト ファイルを書き込む方法を示しています。


// Retrieve an object that points to the local storage resource
LocalResource localResource = RoleEnvironment.GetLocalResource("localStoreTwo");

//Define the file name and path
string[] paths = { localResource.RootPath, "MyStorageTest.txt"};
String filePath = Path.Combine(paths);

using (FileStream writeStream = File.Create(filePath))
{
   Byte[] textToWrite = new UTF8Encoding(true).GetBytes("Testing Web role storage");
   writeStream.Write(textToWrite, 0, textToWrite.Length);
}

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.