エクスポート (0) 印刷
すべて展開

RoleEnvironment.GetLocalResource メソッド

指定されたローカル ストレージ リソースを取得します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime (Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime 内)

'使用
Dim localResourceName As String
Dim returnValue As LocalResource

returnValue = RoleEnvironment.GetLocalResource(localResourceName)

[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Assert, UnmanagedCode=true)] 
public static LocalResource GetLocalResource (
	string localResourceName
)
/** @attribute SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Assert, UnmanagedCode=true) */ 
public static LocalResource GetLocalResource (
	String localResourceName
)
public static function GetLocalResource (
	localResourceName : String
) : LocalResource

パラメーター

localResourceName

ServiceDefiniton.csdef ファイルで定義されたローカル ストレージ リソースの名前です。

戻り値

ローカル ストレージ リソースを表す LocalResource のインスタンスです。

例外の種類条件
RoleEnvironmentException

ローカル ストレージ リソースは存在しません。

次のコード例は、このメソッドを使用してローカル ストレージ リソースを取得し、リソースにテキスト ファイルを書き込む方法を示しています。


// Retrieve an object that points to the local storage resource
LocalResource localResource = RoleEnvironment.GetLocalResource("localStoreTwo");

//Define the file name and path
string[] paths = { localResource.RootPath, "MyStorageTest.txt"};
String filePath = Path.Combine(paths);

using (FileStream writeStream = File.Create(filePath))
{
   Byte[] textToWrite = new UTF8Encoding(true).GetBytes("Testing Web role storage");
   writeStream.Write(textToWrite, 0, textToWrite.Length);
}

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft