エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DiagnosticMonitorConfiguration.OverallQuotaInMB プロパティ

すべてのログ バッファーに割り当てられたローカル ストレージの合計量を取得または設定します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics 内)

'使用
Dim instance As DiagnosticMonitorConfiguration
Dim value As Integer

value = instance.OverallQuotaInMB

instance.OverallQuotaInMB = value

public int OverallQuotaInMB { get; set; }
/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public int get_OverallQuotaInMB ()

/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public void set_OverallQuotaInMB (int value)

CompilerGeneratedAttribute 
public function get OverallQuotaInMB () : int

CompilerGeneratedAttribute 
public function set OverallQuotaInMB (value : int)

プロパティ値

Int32 を返します。

OverallQuotaInMB プロパティは、すべてのデータ バッファーの BufferQuotaInMB プロパティの合計に対して割り当てられるローカル ストレージの量を指定します。

既定では、OverallQuotaInMB は 4 GB に設定されます。 これよりも少量を指定する場合は、このプロパティを目的の値に設定できます。 このプロパティを指定して、より大きな値を指定することはできません。代わりに、DiagnosticStore<LocalStorage> 要素を ServiceDefinition.csdef ファイルに追加し、sizeInMB 属性を適宜変更する必要があります。 例:

ServiceDefinition.csdef

<LocalResources>
    <LocalStorage name="DiagnosticStore" sizeInMB="8192" cleanOnRoleRecycle="false"/>
</LocalResources>

ServiceConfiguration.cscfg ファイルに、前の例の 8 GB のようにより大きい値を指定する場合は、OverallQuotaInMB プロパティをそれ以下の値に設定する必要もあります。 OverallQuotaInMB プロパティの値を変更しない場合、データ バッファーは元の 4 GB の値に制限されます。

詳細については、「How to Configure Local Storage Resources」および「Code Quick Start: Capturing diagnostics in your Windows Azure application」を参照してください。

例 1

新しい診断モニター構成を作成し、より小さい全体的な割り当てを指定するスニペットを次に示します。

// Get the default initial configuration for DiagnosticMonitor.
DiagnosticMonitorConfiguration diagnosticConfiguration = DiagnosticMonitor.GetDefaultInitialConfiguration();

// Set an overall quota of 2GB.
diagnosticConfiguration.OverallQuotaInMB = 2048;

例 2

ServiceConfiguration.cscfg ファイルの次のスニペットは、DiagnosticStore の最大サイズを 8 GB に設定します。

<LocalResources>
    <LocalStorage name="DiagnosticStore" sizeInMB="8192" cleanOnRoleRecycle="false"/>
</LocalResources>

新しい診断モニター構成を作成し、前の ServiceConfiguration.cscfg ファイルと同じサイズを指定するスニペットを次に示します。

// Get the default initial configuration for DiagnosticMonitor.
DiagnosticMonitorConfiguration diagnosticConfiguration = DiagnosticMonitor.GetDefaultInitialConfiguration();

// Set an overall quota of 8GB.
diagnosticConfiguration.OverallQuotaInMB = 8192;


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft