エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataCacheSecurity クラス

クライアントとサーバーの間で送信されるデータの署名/暗号化を有効にするために使用します。

System..::..Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching..::..DataCacheSecurity

名前空間:  Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll)

public class DataCacheSecurity

DataCacheSecurity 型は、以下のメンバーを公開しています。

  名前説明
パブリック メソッドDataCacheSecurity()()()()DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドDataCacheSecurity(SecureString)DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Windows Azure Shared Caching のみに適用されます。
パブリック メソッドDataCacheSecurity(String)DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドDataCacheSecurity(SecureString, Boolean)DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Windows Azure Shared Caching のみに適用されます。
パブリック メソッドDataCacheSecurity(String, Boolean)DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドDataCacheSecurity(DataCacheSecurityMode, DataCacheProtectionLevel)DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。インスタンスの DataCacheSecurityModeDataCacheProtectionLevel を指定できるようになります。サーバー バージョンの AppFabric にのみ適用されます。
先頭に戻る

  名前説明
パブリック プロパティProtectionLevelDataCacheSecurity オブジェクトに設定された ProtectionLevel
パブリック プロパティSecurityModeDataCacheSecurity オブジェクトに設定された SecurityMode
先頭に戻る

  名前説明
パブリック メソッドEquals (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドFinalize (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetHashCode (Object から継承されています。)
パブリック メソッドGetType (Object から継承されています。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone (Object から継承されています。)
パブリック メソッドToString (Object から継承されています。)
先頭に戻る

この型の public static (Visual Basic では Shared) のメンバーはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft