エクスポート (0) 印刷
すべて展開

GetObjectData メソッド

このメンバーには、SecurityCriticalAttribute 属性があるため、Silverlight クラス ライブラリでは .NET Framework による内部使用のみに制限されます。このメンバーをアプリケーション コードで使用すると、MethodAccessException がスローされます。[セキュリティ クリティカル]

シリアル化に使用されるインターフェイスです。

名前空間:  Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ:  Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core.dll)

[SecurityCriticalAttribute]
public override void GetObjectData(
	SerializationInfo info,
	StreamingContext context
)

パラメーター

info
型: System.Runtime.Serialization..::..SerializationInfo
例外をシリアル化するために必要なすべてのデータを格納するために使用される SerializationInfo クラスです。
context
型: System.Runtime.Serialization..::..StreamingContext
例外のソースと対象を記述するために使用される StreamingContext クラスです。

実装

ISerializable..::..GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)
_Exception..::..GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft