エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ジョブのスケジュール

更新日: 2014年4月

Windows Azure モバイル サービス では、定義するスケジュールまたは Management Portalからオンデマンドで モバイル サービスによって実行されるビジネス ロジックを登録できます。

モバイル サービスで定期的に必要となる、スケジュール設定が可能なタスクには、次のようなものがあります。

  • 重複レコードをテーブルから削除する。

  • 古いデータ レコードをアーカイブ化する。

  • ツイート、RSS エントリ、場所情報などの外部データを要求および保存する。

  • 保存された画像を処理またはサイズ変更する。

JavaScript バックエンド モバイル サービスでは、Management Portal でサーバー スクリプト コードとしてジョブを定義します。.NET バックエンド モバイル サービスでは、ScheduledJob クラスから継承するクラスとしてジョブを定義します。これにより、このクラスが Management Portal に登録されます。

既定では、新しいジョブは無効な状態で作成されます。ジョブは、テストに成功してから有効にする必要があります。作成したジョブをテストするには、ジョブをクリックしてから [一度だけ実行する] をクリックします。ジョブ スクリプト内のエラーは、ログに出力されます。

モバイル サービスが無料プランで実行されている場合、一度に作成できるスケジュールされたジョブは 1 個のみです。有料プランでは、スケジュールされたジョブを同時に 10 個まで作成できます。詳細については、「料金詳細 - モバイル サービス」を参照してください。

ジョブのスケジュール設定を行う方法の詳細については、「モバイル サービスでの定期的なジョブのスケジュール設定」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft