エクスポート (0) 印刷
すべて展開

モバイル サービス要求の認証

更新日: 2013年7月

Windows Azure のモバイル サービスにより、クライアントは REST API を使用して認証されたユーザーのためのサービス固有のトークンを要求できます。返されたトークンは、モバイル サービスに対してその後の認証された要求を実行するために使用されます。

このセクションの内容

REST API には、次の認証操作が含まれます。

 

操作 説明

サービス主導型ログイン操作

モバイル サービスが特定の ID プロバイダーを使用して認証を開始するように要求します。返されたトークンは、モバイル サービスに対してその後の認証された要求を実行するために使用されます。サービス主導型ログインを使用しているとき、モバイル サービスは要求された ID プロバイダーを使用して OAuth フローを開始します。このフローによって、クライアントはモバイル サービスにログインできます。

クライアント主導型ログイン操作

既に ID プロバイダーから取得されている ID トークンを使用して、モバイル サービスからの認証トークンを要求します。認証用にモバイル サービスに示すトークンは、モバイル サービスに依存しないクライアントによって取得されている必要があります。通常は、Facebook SDK for iOS などのプロバイダー SDK が使用されます。アプリで、シングル サインオンを有効にするか追加のユーザー情報を取得するために、プロバイダー SDK を使用して ID トークンを取得するときは、クライアントが開始した認証を使用します。

参照

表示:
© 2014 Microsoft