エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の高度なキャプチャ プロパティ

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

このトピックでは、Windows Phone アプリで高度なキャプチャを行うシナリオに使用できる、カメラ、写真、オーディオ、およびビデオのプロパティについて説明します。電話によってサポートされているプロパティのセットが異なるため、プロパティのセットはオブジェクトのプロパティとして明示的には定義されていません。代わりに、PhotoCaptureDevice オブジェクトと AudioVideoCaptureDevice オブジェクトの SetProperty メソッドと GetProperty メソッドを使用して、キャプチャ デバイスにプロパティを割り当てます。プロパティの設定の詳細については、「Windows Phone 8 の高度な写真キャプチャ」を参照してください。

重要:重要:

それぞれの電話でサポートされるプロパティを判別するには、GetSupportedPropertyValues および GetSupportedPropertyRange メソッドを使用します。各プロパティではこれらのメソッドの一方がサポートされていますが、両方はサポートされていません。GetProperty メソッドの有効な呼び出しでは、常に型 Object の値が返されます。このトピックの表を使用して、各プロパティに対応するオブジェクトの型、および各プロパティと共に GetSupportedPropertyValuesGetSupportedPropertyRange のどちらを使用できるかを確認します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

一般的なカメラのプロパティを割り当てるには、KnownCameraGeneralProperties クラスを使用します。このクラスのプロパティは、両方の種類のキャプチャ デバイス オブジェクト (PhotoCaptureDeviceAudioVideoCaptureDevice) に割り当てることができます。KnownCameraGeneralProperties クラスは、キャプチャ デバイスの GetProperty メソッドと SetProperty メソッドで使用できる GUID 値を返します。これらのプロパティをフレームの DesiredProperties プロパティに割り当てることもできます。

各プロパティに関して、以下の表に、GetProperty により返されるオブジェクトの型、および GetSupportedPropertyValues ("値の取得" 列) と GetSupportedPropertyRange ("範囲の取得" 列) のどちらを使用できるかを示します。

カメラのプロパティ

オブジェクト型

値の取得

範囲の取得

AutoFocusRange

AutoFocusRange

green check mark

EncodeWithOrientation

System.Int32

green check mark

IsShutterSoundEnabledByUser

System.Boolean

green check mark

IsShutterSoundRequiredForRegion

System.Boolean

green check mark

ManualFocusPosition

System.UInt32

green check mark

PlayShutterSoundOnCapture

System.Boolean

green check mark

SpecifiedCaptureOrientation

System.Int32

green check mark

写真のプロパティは、PhotoCaptureDevice オブジェクトにのみ適用可能です。KnownCameraPhotoProperties クラスは、GetProperty メソッドおよび SetProperty メソッドで使用できる GUID 値を返します。これらのプロパティをフレームの DesiredProperties プロパティに割り当てることもできます。

各プロパティに関して、以下の表に、GetProperty により返されるオブジェクトの種類、および GetSupportedPropertyValues ("値の取得" 列) と GetSupportedPropertyRange ("範囲の取得" 列) のどちらを使用できるかを示します。

写真のプロパティ

オブジェクト型

値の取得

範囲の取得

ExposureCompensation

System.Int32

green check mark

ExposureTime

System.UInt32

green check mark

FlashMode

FlashState

green check mark

FlashPower

System.UInt32

green check mark

FocusIlluminationMode

FocusIlluminationMode

green check mark

Iso

System.UInt32

green check mark

LockedAutoFocusParameters

AutoFocusParameters

green check mark

ManualWhiteBalance

System.UInt32

green check mark

SceneMode

CameraSceneMode

green check mark

WhiteBalancePreset

WhiteBalancePreset

green check mark

オーディオとビデオのプロパティは、AudioVideoCaptureDevice オブジェクトにのみ適用されます。KnownCameraAudioVideoProperties クラスは、GetProperty メソッドおよび SetProperty メソッドで使用できる GUID 値を返します。

各プロパティに関して、以下の表に、GetProperty により返されるオブジェクトの種類、および GetSupportedPropertyValues ("値の取得" 列) と GetSupportedPropertyRange ("範囲の取得" 列) のどちらを使用できるかを示します。

オーディオ/ビデオのプロパティ

オブジェクト型

値の取得

範囲の取得

H264EnableKeyframes

System.Boolean

green check mark

H264EncodingLevel

H264EncoderLevel

green check mark

H264EncodingProfile

H264EncoderProfile

green check mark

H264QuantizationParameter

System.UInt32

green check mark

H264RequestDropNextNFrames

System.UInt32

green check mark

H264RequestIdrFrame

System.Boolean

green check mark

UnmuteAudioWhileRecording

System.Boolean

green check mark

VideoFrameRate

System.UInt32

green check mark

VideoTorchMode

VideoTorchMode

green check mark

VideoTorchPower

System.UInt32

green check mark

表示:
© 2014 Microsoft