エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法: クラウド サービスの固定仮想 IP アドレスを保持する

更新日: 2014年4月

Azure でホストされているクラウド サービスを更新する場合は、サービスの仮想 IP アドレス (VIP) が変更されないことを確認する必要があります。ドメイン管理サービスの多くは、VIP が同じ場合にのみ動作するドメイン ネーム システム (DNS) (ドメイン名を登録する記録方法) を使用します。Azure ツールで発行ウィザードを使用すると、クラウド サービスを更新するときに、クラウド サービスの VIP が変更されないようにすることができます。クラウド サービスの DNS ドメインの管理を使用する方法の詳細については、「Azure クラウド サービスに対するカスタム ドメインの構成方法」を参照してください。

最初にクラウド サービスを運用環境などの特定の環境で Azure にデプロイすると、クラウド サービスの VIP が割り当てられます。デプロイを明示的に削除するか、またはデプロイの更新プロセスによって暗黙的にデプロイが削除されていない場合、VIP は変更されません。VIP を保持するには、デプロイを削除せず、Visual Studio もデプロイを自動的に削除しないようにする必要があります。複数のデプロイ オプションをサポートしている発行ウィザードでデプロイ設定を指定して、動作を制御できます。新規デプロイまたは更新デプロイを指定できます。これらは増分または同時で、どちらの種類の更新デプロイでも VIP は維持されます。これらの種類のデプロイの定義については、「Windows Azure アプリケーションの発行ウィザード」を参照してください。さらに、エラーが発生した場合は、クラウド サービスの以前のデプロイを削除するかどうかを制御できます。オプションが正しく設定されていない場合は、VIP が予期せず変更される可能性があります。

  1. 少なくとも 1 回、クラウド サービスをデプロイした後、Azure プロジェクトのノードのショートカット メニューを開き、[発行] をクリックします。

    Azure アプリケーションの発行ウィザードが表示されます。

  2. サブスクリプションの一覧で、デプロイ対象を選択し、[次へ] をクリックします。

    ウィザードの [設定] ページが表示されます。

  3. [共通設定] タブで、デプロイするクラウド サービスの名前、[環境][ビルド構成]、および [サービス構成] がすべて正しいことを確認します。

  4. [詳細設定] タブで、ストレージ アカウントとデプロイ ラベルが正しことと、[失敗時に展開を削除] チェック ボックスがオフで、[展開の更新] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    [展開の更新] チェック ボックスをオンにして、アプリケーションを再発行するときに、デプロイが削除されず、VIP が失われないようにします。[失敗時に展開を削除] チェック ボックスをオフにして、デプロイ中にエラーが発生した場合に、VIP が失われないようにします。

  5. ロールの更新方法をさらに詳しく指定するには、[展開の更新] ボックスの横にある [設定] リンクを選択し、[展開の更新設定] ダイアログ ボックスで増分更新または同時更新のオプションを選択します。

    増分更新を選択した場合は、インスタンスが 1 つずつ更新されるので、アプリケーションは常に使用可能になります。同時更新を選択した場合は、すべてのインスタンスが同時に更新されます。同時更新の方が高速ですが、更新処理中はサービスが利用不可能になる可能性があります。

  6. 設定が終了したら、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの [概要] ページで設定を確認し、[発行] をクリックします。

Warning警告
デプロイが失敗した場合は、その理由を検討し、速やかに再デプロイして、クラウド サービスが破損した状態のままにならないようにします。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft