エクスポート (0) 印刷
すべて展開

MobileServiceTable.skip 関数

更新日: 2013年6月

クエリの指定された行数をスキップします。

mobileServiceTable.skip(count);

count
型: number

結果を返す際にスキップする行数。

次のコードでは、上位 3 個のアイテムを返すフィルター選択されたクエリを定義し、結果をコントロールにバインドします。

todoTable.where({ complete: false })
    .take(3)
    .read()
    .done(function (results) {
        todoItems = new WinJS.Binding.List(results);
        listItems.winControl.itemDataSource = todoItems.dataSource;
    });

 

名前空間

WindowsAzure.MobileServices

ライブラリ

MobileServices.js

表示:
© 2014 Microsoft