エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure コマンドレット リファレンス

更新日: 2014年7月

Azure コマンドレット リファレンスでは、Microsoft Azure タスクを自動化するための Windows PowerShell モジュールに関する情報を説明しています。このリファレンスには、Azure の Windows PowerShell モジュールに関する情報 (システム要件、ダウンロード リンク、および構成タスクを含む) が含まれます。Azure の Windows PowerShell モジュールのコマンドレットと関数に関するコマンドレット ヘルプも含まれます。

Azure モジュール内のコマンドレットについて理解するには、以下のトピックを参照してください。

Azure の Windows PowerShell モジュールは Windows に含まれていません。モジュールのコマンドレットを使用する前には、各モジュールをダウンロードして環境を設定する必要があります。そのようにすると、Windows Powershell から Azure に接続できるようになります。手順については、各モジュールのページを参照してください。

Azure モジュールは頻繁に更新されます。オンライン コマンドレット ヘルプに、モジュールにないコマンドレットやパラメーターが含まれている場合は、最新バージョンのモジュールをダウンロードしてインストールします。モジュールのバージョンを検索するには、「(Get-Module <ModuleName>).Version」と入力します。

Azure でよくあるタスクの一部を自動化するうえで役立つスクリプトのサンプルについては、Windows Azure のスクリプト センターを参照してください。

Windows PowerShell に関する説明や、そのインストール、使用、およびカスタマイズに関する一般的な情報については、「Windows PowerShell でのスクリプティング」を参照してください。

Windows PowerShell の Azure モジュールのいくつかは、Azure PowerShell という名称の単一インストール パッケージに含まれています。Azure PowerShell のインストール方法の詳細については、「Windows Azure PowerShell をインストールして構成する方法」を参照してください。

バージョン 0.8.0 から、Azure PowerShell インストールには次の 3 つの Windows PowerShell モジュールが含まれます。

  • Azure:ストレージ アカウント、Web サイト、データベース、仮想マシン、サービスなど、個々のリソースを管理するための従来のコマンドレットが含まれています。Azure モジュールのコマンドレットの詳細については、「Azure サービス管理コマンドレット」を参照してください。

  • AzureResourceManager:複雑なサービスのための Azure リソースを論理単位として作成、管理、配置するためのコマンドレットが含まれています。このモジュールを使用し、Web ポータル、フォト ギャラリー、ブログ、Wiki などをサポートするリソース グループを作成します。AzureResourceManager モジュールのコマンドレットの詳細については、「Azure リソース管理コマンドレット」を参照してください。

  • AzureProfile:Add-AzureAccount、Get-AzureSubscription、Switch-AzureMode など、両方のモジュールに共通のコマンドレットが含まれています。AzureProfile モジュールのコマンドレットの詳細については、「Azure プロファイル コマンドレット」を参照してください。

noteメモ
Azure リソース マネージャー モジュールは現在、プレビュー期間中です。Azure モジュールとは同じ管理機能が提供されない場合があります。

Azure モジュールと Azure リソース管理モジュールは、同じ Windows PowerShell セッションで使用するようには設計されていません。2 つのモジュールを簡単に切り替えられるように、Switch-AzureMode という新しいコマンドレットを追加しました。

Azure PowerShell を使用するとき、Azure モジュールのコマンドレットが既定でインポートされます。AzureResourceManager モジュールに切り替えるには、Switch-AzureMode コマンドレットを使用します。Azure モジュールがセッションから削除され、Azure Resource Manager モジュールと Azure Profile モジュールがインポートされます。

PS C:\> Switch-AzureMode -Name AzureResourceManager

Azure モジュールに切り替えるには、Switch-AzureMode コマンドレットを再度使用します。

PS C:\> Switch-AzureMode -Name AzureServiceManagement

Switch-AzureMode コマンドレットのヘルプが必要な場合、「Get-Help Switch-AzureMode」と入力するか、「Switch-AzureModule」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft