エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

insert 関数

更新日: 2012年8月

テーブルにアイテムを挿入するときに呼び出します。

function insert(item, user, request) { }
item
型: object

テーブルに挿入する行セット。

ユーザー
型: object

認証が必要な場合は、認証されたユーザーを表す user オブジェクト。それ以外の場合は、undefined

request
型: object

操作の要求を表す request オブジェクト

型: undefined

挿入操作が成功した場合は、HTTP ステータス コードが 201 の応答および本文の挿入された item の状態が返されます。このアイテムは、挿入操作中に生成された item の ID を格納します。

execute メソッドを呼び出す前に、item オブジェクトの状態を変更することで、挿入されるデータを制御できます。

既定の成功動作とエラー動作をオーバーライドできます。詳細については、「モバイル サービスのサーバー スクリプト リファレンス」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.