エクスポート (0) 印刷
すべて展開

sp_delete_database_firewall_rule (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「sp_delete_database_firewall_rule」を参照してください。

Microsoft Azure SQL データベース インスタンスからデータベースレベルのファイアウォールの設定を削除します。このストアド プロシージャは、master データベースおよびユーザー データベースで使用できます。sp_delete_database_firewall_rule ストアド プロシージャは Microsoft Azure SQL データベースに固有であり、内部設置型の SQL Server ではサポートされていません。

構文表記規則 (Azure SQL データベース)

sp_delete_database_firewall_rule [@name =] ‘name’

このストアド プロシージャの引数は次のとおりです。

 

名前 データ型 説明

[@name =] ‘name’

NVARCHAR(128)

削除されるデータベースレベルのファイアウォール設定の名前。

データベース レベルのファイアウォール ルールを削除できるのは、プロビジョニング処理で作成されたサーバーレベル プリンシパル ログインのみです。

次のコード例では、"Example DB Setting 1" という名前のデータベースレベルのファイアウォール設定を削除します。

-- Remove database-level firewall setting
exec sp_delete_database_firewall_rule N'Example DB Setting 1'

表示:
© 2014 Microsoft