エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Workflow Manager 1.0 の監視

ワークフロー マネージャー 1.0 の高可用性と信頼性を確保するため、サーバーを監視して、正常な状態で動作していることを確認し、対策を取れるように、障害が発生したらすぐに検出することが重要です。この記事では、ワークフロー マネージャー 1.0 環境を監視するために使用できる機能について説明します。

ワークフロー マネージャー 1.0 サーバーの監視

サーバーを監視する一般的な方法には次のものがあります。

  1. パフォーマンス カウンター

  2. イベント トレーシング

  3. PowerShell

  4. System Center Operations Manager 管理パック

パフォーマンス カウンター

パフォーマンス カウンターは、サーバーがどのように正常実行しているかを確認するのに優れた方法です。パフォーマンス カウンターは、カウンター セットによってグループ化されています。

ワークフロー マネージャー 1.0 は、サーバーを監視するために役立つ独自のパフォーマンス カウンターのセットを提供します。ワークフロー マネージャー 1.0 は 2 つのカウンター セット、管理とディスパッチャーを定義しています。各カウンター セットの下に個々のカウンターが定義されています。ワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされているマシンで、パフォーマンス モニターを開くと、これらのカウンター セット内のパフォーマンス カウンターを見つけることができます。次に、"ワークフロー管理" および "ワークフロー ディスパッチャー" カウンター セットを見つけることができます。

下の表に、これらの 2 つのセットで使用可能なパフォーマンス カウンターについてまとめています。

 

インデックス パフォーマンス カウンター 詳細

1

1 秒あたりの管理要求数

特定のノードで 1 秒あたりにフロントエンドによって処理される要求の数。

2

1 秒あたりのワークフロー イベント数

特定のノードで 1 秒あたりに成功した PublishNotification 呼び出しの数。

3

1 秒あたりの管理要求の失敗数

特定のノードで 1 秒あたりに呼び出し元へのエラー応答が生成されたフロントエンド呼び出しの数。エラーは、不正な要求、承認エラー、または検証エラーのためである可能性があります。

4

1 秒あたりの承認エラー数

特定のノードでの 1 秒あたりの承認エラーの数。

5

発行ワークフロー イベントの期間

ワークフロー通知の発行の平均遅延。

6

未処理のエピソード数

特定のバックエンド ノードで実行中のワークフロー インスタンスの数。

7

1 秒あたりの失敗したエピソード数

特定のバックエンド ノードで 1 秒あたりに報告されたワークフロー インスタンス実行エラーの数。

8

1 秒あたりに処理されたイベント数

特定のノードで 1 秒あたりに正常に処理されたワークフロー通知の数。

次は、上のパフォーマンス カウンターから派生した状態モデルの例です。

 

現象 ソース 内容:原因、解決方法、概要

ノードがメッセージを処理しているように見えない

RequestsProcessedPerSecond

10 分間アクティビティがない

ワークフロー インスタンスが完了しないように見える

(EpisodesCompletedPerSecond / RequestsProcessedPerSecond) * 100

N% 以下 - N はユーザー定義可能 (10 など)

ワークフロー インスタンスの失敗

RequestsFailedPerSecond

失敗の数

CPU やメモリ利用率などのパフォーマンス カウンターを Windows から追加することもできます。

イベント トレーシング

ワークフロー マネージャー 1.0 コンポーネントは、追跡に Windows イベント トレーシング (ETW) を使用します。ETW はパフォーマンス面のオーバーヘッドが最小であるため、追跡に最適です。また、ETW のログは他の形式のログよりサイズが小さくなります。サービスのすべてのコンポーネントは、Microsoft- Workflow という ETW プロバイダーを使用します。

ワークフロー マネージャー 1.0 は、既定で使用可能な次の ETW チャネルを使用します。

  • Operational Channel: このチャネルは、オペレーターの介入を必要とする重大な問題を報告するトレースに使用されます。例として、サービスの障害発生や SLA しきい値に達した場合などがあります。

  • Debug Channel: すべての診断トレースはこのチャネルを使用します。

  • Analytic Channel: このチャネルは、操作の完了にかかる時間などの値の大きいトレースに使用されます。イベントにはスコープや操作名などの追加のメタデータを含めることができます。

ワークフロー マネージャー 1.0 によって生成されるすべてのイベントの一覧については、[InstallDrive]:\Program Files\Workflow Manager\1.0\Workflow フォルダーにある Microsoft.Workflow.EventDefinitions.man ETW マニフェスト ファイルを参照してください。

そのファイルで見られる関心のあるイベントのうち、サーバーの状態の監視に特に重要なものを下の表に示します。

 

問題 生成されたイベント ID

WF バックエンドの起動に失敗した

289

未処理の例外

1, 10, 19

特定のノードで頻繁な未処理の例外

30 分以内に 1、10、19 の 5 つのイベント

頻繁なサービス起動イベント

30 分以内に 288 または 582 の 5 つのイベント

PowerShell コマンドレット

PowerShell は、ワークフロー マネージャー 1.0 サーバーの管理方法として非常に役立ちます。ワークフロー マネージャー 1.0 には、ワークフロー ファームおよびその正常性の状態を提示するコマンドレットが含まれています。ワークフロー マネージャー 1.0 を使用すると、管理者が、[スタート] メニューの [Workflow Manager 1.0 Programs] グループで Workflow PowerShell プロンプトを起動するショートカットを選択できます。これらのコマンドレットは、ワークフロー マネージャー 1.0 PowerShell モジュールをインポートしてプログラムで呼び出すこともできます。すべての ワークフロー マネージャー 1.0 コマンドレットは、ワークフロー マネージャー 1.0 インストール ディレクトリにある Microsoft.Workflow.Commands PowerShell モジュールに定義されています。

サーバーの監視に特に役立つ 2 つのコマンドレット、Get-WFFarm と Get-WFFarmStatus があります。

Get-WFFarm

Get-WFFarm コマンドレットは、ワークフロー ファームに関するすべての詳細をすばやく取得する方法です。このコマンドレットは、ファームに関する以下の情報を返します。

 

説明

Hosts

ファーム内のホスト (またはコンピューター) を一覧表示します。

Endpoints

ホスト上の http および https エンドポイントの両方を一覧表示します。

WFFarmDBConnectionString

ワークフロー ファーム データベースの接続文字列。ワークフロー ファーム データベースには、ファームのすべての構成情報が格納されます。

RunAsAccount

ワークフロー バックエンド サービスが実行されるアカウント。

AdminGroup

ワークフロー ファームの管理者グループとして構成されている Windows 認証セキュリティ グループを返します。

InstanceDBConnectionString

インスタンス データベースの接続文字列。インスタンス データベースには、永続的ワークフローのインスタンス情報が格納されます。このデータベースの情報は更新しないことを強くお勧めします。この接続文字列は、障害復旧など、その他のオフライン コマンドレットを提供するためにのみ使用されます。

ResourceDBConnectionString

リソース データベースの接続文字列。リソース データベースには、ワークフローとアクティビティの定義が格納されます。このデータベースの情報は更新しないことを強くお勧めします。この接続文字列は、障害復旧など、その他のオフライン コマンドレットを提供するためにのみ使用されます。

HttpPort

サービスが http で構成されている場合に、ワークフロー フロント エンドの Httpport を一覧表示します。

HttpsPort

ワークフロー フロント エンドの Httpsport を一覧表示します。

OutboundCertificate

送信証明書のサムプリントを返します。インストール中にこの証明書が自動生成されたかどうかも返します。

SslCertificate。

SSL 証明書のサムプリントを返します。インストール中にこの証明書が自動生成されたかどうかも返します。

Get-WFFarmStatus

note
Get-AzureWFFarmStatus は ワークフロー マネージャー 1.0 に含まれていませんが、1.0 RTM の一部として含まれます。

Get-AzureWFFarmStatus コマンドレットは、ファームおよびそのノードの基本状態を提供します。

各ノードから、Get-AzureWFFarmStatus はワークフロー バックエンド Windows サービスの状態とそのノードでワークフロー フロント エンドに到達可能であったかどうかを報告します。

管理パック

note
管理パックは ワークフロー マネージャー 1.0 のインストールの一部としては含まれませんが、1.0 RTM の前後に個別にダウンロードで使用できるようになります。この管理パックは、Microsoft System Center 2012 に加えて System Center 2007 R2 をサポートします。

パフォーマンス カウンター、イベント トレース、および PowerShell コマンドレットで、ファームの状態を分析できます。ただし、真のエンタープライズクラスの信頼性には、サーバーの定期的な監視だけでなく、障害が検出された場合にアクティブ化される警告メカニズムも必要です。Microsoft System Center Operations Manager 管理パックは、この警告機能を提供します。

この記事で取り上げているイベントおよびパフォーマンス カウンターの大半は、System Center 管理パックでサポートされます。管理パックは、ワークフロー マネージャー 1.0 ファームとそのノードの監視を目的とし、ワークフロー インスタンスなどの ワークフロー マネージャー 1.0 アイテムの監視を特に目的としているわけではありません。

次の図に、ワークフロー マネージャー 1.0 の一般的な状態モデルを示します。

ワークフロー正常性モデル

Workflow Manager 1.0 MSDN Community Forum


ビルド日:

2013-10-23

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft