エクスポート (0) 印刷
すべて展開

CloudDrive のマウント操作の完了に時間がかかる

更新日: 2014年4月

現象: Mount メソッドを呼び出して多数のファイルが含まれるドライブをマウントすると、マウント操作の完了に予想以上に時間がかかるか、タイムアウトになります。

原因: この問題は、マウントされるドライブに数十万個、数百万個のファイルが含まれているときに発生する既知の問題が原因です。ドライブのすべてのファイルのアクセス制御リスト (ACL) を更新するために、Mount 操作の実行時間のほとんどが費やされます。API は、ドライブのマウント後に Web ロールやワーカー ロールなどの低い特権のロールがドライブの内容にアクセスできるように、ドライブのルートでこれらの ACL を変更しようとします。しかし、NTFS ファイル システムでの ACL の既定の設定は親から ACL を継承することであるため、これらの ACL の変更はその後にドライブのすべてのファイルに反映されます。

解決策: この問題を解決し、Mount 操作にかかる時間を大幅に短縮するには、自動的な ACL の継承をオフにする必要があります。ACL の継承チェーンを解除するには、ドライブをマウントし、コマンド シェルを開いて次のコマンドを実行します。"z:" は、マウントされたドライブのドライブ文字と置き換えます。

z:
cd \
icacls.exe * /inheritance:d

icacls.exe は、処理中のファイルおよびディレクトリの一覧とその統計情報を出力します。

processed file: examplefile1
processed file: examplefile2
Successfully processed 2 files; Failed processing 0 files

最後に、ドライブをマウント解除する必要があります。その後の Mount への呼び出しは非常に高速で実行されます。

関連項目

処理手順

Azure クラウド サービス

リファレンス

Mount

表示:
© 2014 Microsoft