エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Start Role

更新日: 2014年5月

Start Role 操作は、指定された仮想マシンを起動します。

Start Role要求は、次のように指定できます。<subscription-id> をサブスクリプション ID に、<service-name> をクラウド サービスの名前に、<deployment-name> をデプロイの名前に、<role-name> を仮想マシンの名前に、それぞれ置き換えます。

 

メソッド 要求 URI

POST

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<service-name>/deployments/<deployment-name>/roleinstances/<role-name>/Operations

管理サービスに対して行われる要求をセキュリティで保護する必要があります。詳細については、「サービス管理要求の認証」を参照してください。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

x-ms-version

必須。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。このヘッダーは、2012-03-01 以上のバージョンに設定する必要があります。バージョン ヘッダーの詳細については、「サービス管理のバージョン管理」を参照してください。

要求本文の形式は次のとおりです。

    
<StartRoleOperation xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsazure" xmlns:i="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
  <OperationType>StartRoleOperation</OperationType>
</StartRoleOperation>

要求本文の要素を次の表に示します。

 

要素名 説明

OperationType

必須。実行する操作を指定します。

値は StartRoleOperation に設定する必要があります。

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 201 (Created) が返されます。ステータス コードの詳細については、「サービス管理のステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

x-ms-request-id

管理サービスに対して行われた要求を一意に識別する値。

予約済みの IP を使用しないと、少額の料金が発生します。未使用の予約済み IP アドレスに関連付けられている配置で仮想マシンを開始している場合、サブスクリプションで使用している予約済み IP アドレスの数によっては、料金が以後発生しなくなる場合があります。詳細については、「予約済み IP アドレスの料金詳細」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft