エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Azure AD Graph リリース ノート

[このトピックはプレリリース資料であり、今後のリリースで変更されることがあります。空白のトピックは、プレースホルダーとして挿入されています。]

リリース ノート 2012 年 7 月

現在のリリースにおける既知の制限と問題は以下のとおりです。

サポートされないオプション:

  • $count

  • $expand

  • $inlinecount

  • $orderby

  • $skip はサポートされていません (ただし $skipToken はサポートされます)

  • $select はサポートされていません。返されるエラー メッセージの次の部分は無視してください。 "…….. この機能を有効にするには、DataServiceConfiguration. AcceptProjectionRequests プロパティを true に設定します。"

  • Role オブジェクトのクエリでは $filter および $top がサポートされません

  • SubscribedSku オブジェクトのクエリでは $filter および $top がサポートされません

  • グループ メンバーシップなどのリンク検索のページングはサポートされません。 したがって、グループ メンバーシップのクエリで返された skiptoken は失敗します。

$filter 操作の制限事項:

  • ページング – 最初の N 個の結果のみが返されます。ここで N は既定のページ サイズ (100) またはクライアント指定のページ サイズ (1 ~ 999) です。 フィルター検索でそれ以降のページは取得できません。したがって、最初のページのみが返されます。

  • 論理演算子: 2 つの $filter オペランドを組み合わせる "and" 演算子の使用はサポートされますが、現時点では "or" 演算子はサポートされていません。

  • 次の比較演算子のみサポートされます:

    • Eq - 等しい

    • le - より小さいか等しい

    • ge - より大きいか等しい

次の Directory オブジェクトのプロパティは $filter クエリで使用できます:

  • Contact

    • City

    • Country

    • Department

    • DirSyncEnabled

    • DisplayName

    • GivenName

    • JobTitle

    • LastDirSyncTime

    • Mail

    • State

    • Surname

  • Group

    • DirSyncEnabled

    • DisplayName

    • LastDirSyncTime

    • Mail

    • SecurityEnabled

  • User

    • AccountEnabled

    • City

    • Country

    • Department

    • DisplayName

    • GivenName

    • JobTitle

    • LastDirSyncTime

    • Mail

    • State

    • Surname

    • UsageLocation

    • UserPrincipalName

: $filter の値としてヌル値は使用できません。それ以外は標準の OData 値が受け入れられます。 サポートなし: 算術演算子、任意の種類の関数、など。

その他の情報:

  • グループ (GROUP_ID) などの特定のリソースを読み取る場合、次の点に注意してください。

    • すべてのリソースは、ルックアップをサポートするために User_guid または Group_guid などの ObjectReference の文字列値のプロパティを使用します。

    • すべてのリソースは ObjectId ベースの識別子の値を ObjectReference として受け入れます。ただし、"AccountId_SkuId" という形式の ObjectReference 値を持つ SubscribedSku リソースは例外です。

    • ユーザーは追加で UserPrincipalName を ObjectReference ルックアップ値としてサポートします。

  • すべてのユーザーのクエリ (つまり一覧) は、UserPrincipalName に基づいて並べ替えられます。その他の一覧クエリは並べ替えられません。

  • 特定のオブジェクトの読み取りは DirectoryObject および ReferencedObject から行うことができますが、検索は一切許可されません。

表示:
© 2014 Microsoft