エクスポート (0) 印刷
すべて展開

サーバー エクスプローラーから Azure の仮想マシンへのアクセス

更新日: 2013年10月

Visual Studio のサーバー エクスプローラーを使用することにより、Azure がホストする仮想マシンについての情報を表示できます。

サーバー エクスプローラーの仮想マシンへのアクセス

Azure でホストされている仮想マシンがある場合は、サーバー エクスプローラーでそれらにアクセスできます。サーバー エクスプローラーにそれらの情報が含まれるように、サブスクリプションを最初にインポートする必要があります。要求される情報は .publishsettings ファイルで、取得するには Azure のアカウントにサインインする必要があります。

サブスクリプションを追加するには

  1. サーバー エクスプローラーが表示されていない場合は、Ctrl キーと Alt キーを押しながら S キーを押すか、メニュー バーで [表示][サーバー エクスプローラー] の順に選択します。

  2. サーバー エクスプローラーで、仮想マシン ノードのショートカット メニューを開き、[サブスクリプションのインポート] を選択します。

  3. [サブスクリプションのインポート] ダイアログ ボックスで、リンクを選択して Azure にサインインします。資格情報を入力します。

    Azure が資格情報を持っている場合、Web ページは .publishsettings ファイルに関する情報を表示し、自動的にダウンロードを開始します。

  4. ファイルを保存します。

    既定では、ファイルはダウンロード フォルダーに保存されます。

  5. [インポート] をクリックし、.publishsettings ファイルを保存した場所に移動します。

  6. ファイルを選択して、[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。

    サーバー エクスプローラーに仮想マシンが表示されます。仮想マシンのショートカット メニューを使用して、仮想マシンを起動、シャットダウン、再起動、または削除することができます。仮想マシンをシャットダウンすると、仮想マシンは中断状態になり、再起動するまでコンピューティング時間は課金されません。ただし、ストレージ料金が発生します。仮想マシンを削除した場合、料金は発生しません。

仮想マシンの情報を取得するには

  1. サーバー エクスプローラーで仮想マシンを選択し、F4 キーを押してプロパティ ウィンドウを表示します。

    利用できるプロパティは次の表に示されていますが、すべて読み取り専用です。それらを変更するには、管理ポータルを使用します。

  2.  

    プロパティ 説明

    DNS 名

    仮想マシンのインターネット アドレスを含む URL です。

    環境

    仮想マシンの場合、このプロパティの値は常に [運用] です。

    名前

    仮想マシンの名前です。

    サイズ

    使用できるメモリとディスク領域の量を反映する、仮想マシンのサイズです。詳細については、「仮想マシンのサイズの構成方法」を参照してください。

    Status

    値には、開始中、開始、停止中、停止、および取得中のステータスが含まれます。取得中のステータスが表示される場合は、現在のステータスは不明です。このプロパティの値は、管理ポータルで使用される値とは異なります。

    サブスクリプション ID

    お使いの Azure アカウント用のサブスクリプション ID です。サブスクリプションのプロパティを表示することで、管理ポータル上にこの情報を表示できます。

    各仮想マシンのエンドポイントは、仮想マシン ノードの子ノードとしてサーバー エクスプローラーに表示されます。

  3. エンドポイント ノードを選択し、[プロパティ] ウィンドウを表示します。

  4. エンドポイントの使用できるプロパティは次の表に示されていますが、読み取り専用です。仮想マシンのエンドポイントを追加または編集するには、管理ポータルを使用します。

     

    プロパティ 説明

    名前

    エンドポイントの識別子です。

    プライベート ポート

    アプリケーション内部へのネットワーク アクセスのポートです。

    プロトコル

    このエンドポイントのトランスポート層が使用する、TCP または UDP プロトコルです。

    パブリック ポート

    アプリケーションへのパブリック アクセスに使用されるポートです。

サブスクリプションを編集または削除するには

  1. Azure コンピューティング ノードのショートカット メニューを開き、[配置環境の追加] を選択します。

  2. [配置環境の追加] ダイアログ ボックスで、変更するサブスクリプションを選択し、[管理] をクリックします。

  3. [Windows Azure クラウド サービス プロジェクト管理認証] ダイアログ ボックスで、変更するサブスクリプションを選択し、サブスクリプションの詳細を変更するには [編集] を、サブスクリプションを削除するには [削除] をクリックします。

  4. サブスクリプションの詳細については、「名前付き認証資格情報の設定」を参照してください。

参照

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft