スペル チェックと自動修正のサポート

Internet Explorer 10 では、スペル チェック機能と自動修正機能がサポートされています。 スペル チェックは、spellcheck 属性を使って制御できます。spellcheck  プロパティは、そのドキュメント オブジェクト モデル (DOM) サブツリーでスペル チェックが有効であるかどうかをレポートします。 これは、Internet Explorer 10 標準モード以降のドキュメント モードで利用できます。

Internet Explorer 10 の組み込みのスペル チェック機能が、サイトの既存のスペル チェック機能と競合する場合があります。こうした場合は、サイトの既にあるコンテキスト メニューよりも優先されるように設計された、組み込みのスペル チェック機能の修正候補メニューがあります。

サイトがこの問題の影響を受ける場合は、spellcheck プロパティの有無を確認してください。このプロパティが存在する場合は、次の例に示すように、そのインスタンスに対してカスタム スペル チェック機能を無効にします。


if (document.documentElement.spellcheck == undefined) {
	// Initialize site-specific custom spell checking features
}

関連トピック

IE10 で正確かつスピーディに入力する
Spellcheck

 

 

表示:
© 2014 Microsoft