このドキュメントの使用方法

このトピックでは、このドキュメントで使われているサンプルの概要、およびタスクのインデックスを示します。次に何をすればよいかわからない場合は、ここから開始してください。

ピン留めされたサイトのシナリオ

このドキュメントは、5 つのシナリオを中心に構成されています。各シナリオは、Windows Internet Explorer 9 と Internet Explorer 10 のサイトのピン留め機能の特徴について説明しています。 これらのセクションを順に読む必要はありません。

シナリオ説明
基本的なピン留めされたサイトの作成方法 Channel9 ポッドキャスト プレーヤー サンプルに基本的なピン留めされたサイト機能を追加します。これには、静的ジャンプ リスト項目も含まれます。また、Web サイトのピン留めされたサイト機能をユーザーに知らせる方法についても学習します。
サムネイル ツールバーの作成方法 Channel9 ポッドキャスト プレーヤー サンプルのオーディオの再生を制御するサムネイル ツールバーを実装します。
動的ジャンプ リストの作成方法 TweetFeed サンプルのユーザーとの対話に基づいてカスタム ジャンプ リスト カテゴリに項目を追加します。
通知の提供方法 アイコン オーバーレイを使って、TweetFeed サンプルにアクティビティを表示します。
ピン留めされたサイトの機能を見つけやすくする方法 Web サイトのユーザーにピン留めされたサイトの機能を知らせます。
バッジ通知の使用方法 Windows 8 のピン留めされたサイトのアプリのタイルにバッジ通知を追加します。

 

すべてのサンプルは、Internet Explorer 9 Test Drive: サイトのピン留めのデモに関するページから入手できます。

このドキュメント全体を通じて、セクションに以下の見出しが使われています。

  • このタスクで使用されるメソッド—ここでは、タスクを達成するために使うプログラム要素を紹介します。
  • 組み立てる—ここでは、タスクのすべての要素を組み合わせて、サンプル シナリオでの機能の実装方法を示すコードを提供します。
  • 次のステップ—ここでは、現在のタスクに関連するその他の機能を説明し、次の作業を示します。
  • その他の例—このセクションには、その機能が実際の Web サイトで実装されている例が記載されます。このセクションの例は、純粋に情報提供を目的としています。
  • 応用—これらのトピックは、さまざまな種類の Web サイトに合わせてピン留めされたサイト機能をカスタマイズする、サイトの開発者にさらにアイディアを提供します。

はじめに

一般的なタスク

次のタスクは、ピン留めされたサイトの最も基本的な要素を追加する方法を示しています。

通知

ユーザーにピン留めされたサイトの変更を通知するには、タスク バー ボタンを点滅させるか、アイコン オーバーレイを使ってアラートを表示することができます。

ジャンプ リスト

ジャンプ リストでは、よく使う移動先にすばやくアクセスできます。ジャンプ リストの [タスク] 部分は、META タグによって作成されますが、開発者はユーザー固有の移動先に追加のカテゴリを作成できます。

サムネイル ツールバー

サムネイル ツールバーを使うと、ユーザーはタスク バーのプレビュー ウィンドウから Web サイトを制御できます。この機能は、ビデオとオーディオの再生で特に役に立ちます。

  ピン留めされたサイトでサムネイル ツールバーを使用できるのは Internet Explorer 9 だけです。

見つけやすさ

これらのタスクでは、ピン留めされたサイト機能をユーザーに知らせる方法について説明します。

このセクションの内容

関連トピック

Windows 8 のピン留めされたサイトでの直接的なバッジ通知に関するページ
Fresh Tweets 2.0: Windows 8 でのデモに関するページ
Windows 8 のピン留めされたサイトの高画質な視覚効果に関するページ
ピン留めされたサイトについて
ピン留めされたサイトの開発者向けドキュメント
Windows 8 のピン留めされたサイトに関するページ

 

 

表示:
© 2014 Microsoft