Internet Explorer 互換性クックブック

Windows Internet Explorer 互換性クックブック」では、Internet Explorer の以前のバージョン用に (または以前のバージョンを使って) 開発された Web サイトとアプリに影響を与える可能性がある変更点について説明します。 多くの変更は Internet Explorer が幅広い業界標準にいっそう準拠するためのものです。また、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性の向上のための変更もあります。

通常、開発者向けガイドでは Internet Explorer の新機能について説明しますが、ここでは、変更点とコードを更新するための必要事項について説明します。

  従来のドキュメント モードを使って、以前のバージョンの動作をエミュレートできる場合もあります。 エミュレートする場合は、これが一時的な解決策にすぎないことに注意してください。 Internet Explorer 11 以降、ドキュメント モードは非推奨と見なされ、今後のバージョンのブラウザーではサポートされない可能性があります。 最良の結果を得るには、業界標準と複数のブラウザーでサポートされる機能や方法を使うようにサイトとアプリを更新します。

これらの情報は新しい情報や皆様のフィードバックに応じて更新されます。必要に応じてこれらの情報を再確認することをお勧めします。

このセクションの内容

トピック説明

互換性のガイドラインとベスト プラクティス

適切なガイドラインとベスト プラクティスに従うことによって、Internet Explorer に関する一般的な互換性の問題の多くを回避できます。

ActiveX コントロールとプラグインの変更点

最新バージョンの Internet Explorer では、ActiveX コントロールとプラグインの動作が異なります。 以下のことを知っておく必要があります。

ブラウザーの機能と互換性の変更点

Internet Explorer 自体の変更点と、これらの変更点が互換性にどのように影響するかについて説明します。 これらトピックは、動作が以前と異なる理由と、(より重要なこととして) 必要な処理について理解するのに役立ちます。

CSS とレイアウトの互換性の変更点

最新バージョンの Internet Explorer では、最新の標準のサポートや Internet Explorer 以外のブラウザーとの一貫性を確保するために、一部の CSS 機能とレイアウト機能の動作が変更されました。 ここでは、この変更が以前の Web サイトに与える影響と、必要な対策について説明します。

HTML と DOM の互換性の変更点

最新バージョンの Internet Explorer では、最新の標準のサポートや Internet Explorer 以外のブラウザーとの一貫性を確保するために、一部の HTML 機能と DOM 機能の動作が変更されました。 ここでは、このような変更点を効果的に活用する方法について説明します。

JavaScript の互換性の変更点

最新バージョンの Internet Explorer では、最新バージョンの ECMAScript 標準のサポートが強化され、他のブラウザーによる JavaScript の実装との整合性が向上しました。 最新バージョンの Internet Explorer をサポートするように、従来のサイトを適合させるには、以下の情報を参照してください。

従来の機能のサポートに関する変更点

ここでは、サポートされなくなった機能と、代わりに使う推奨機能について説明します。 この説明を参考にして、現在も動作し、将来も動作し続けるようにサイトを準備してください。

バージョンごとの Internet Explorer の互換性の変更点

ここでは、Internet Explorer のそれぞれの最新バージョンで追加されたクックブックのトピックの一覧を示します。

 

関連トピック

Internet Explorer 11 開発者向けガイド
Internet Explorer 10 開発者向けガイド
Internet Explorer 9 開発者向けガイド
JavaScript バージョン情報

 

 

表示:
© 2014 Microsoft