情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Internet Explorer 8 の新機能を利用する方法

.NET Framework 3.0

Internet Explorer 8 の新機能と拡張機能の概要を説明します。

概要

Internet Explorer 8 は、以前のバージョンの Internet Explorer より標準準拠性に優れています。 つまり、標準規格で作成したページは、Internet Explorer 8 でより適切に機能します。特定のブラウザーに表示するためにページを変更する必要があまりないため、ブラウザー間の互換性の維持が非常に簡単です。

メモ : 標準準拠のブラウザーでも、一部の標準規格は多少異なって解釈されます。 Internet Explorer チームは、Internet Explorer CSS 準拠のテストに使用するテスト ケースを公開しました。 さまざまなブラウザーが標準規格を解釈する際の違いを特定するために、これらのテスト ケースをサンプルとして使用できます。 これらのテスト ケースは、 こちら  World Wide Web リンク に掲載されています。

Internet Explorer 8 には、サイトで利用できる新しいエンド ユーザー機能も追加されています。 新しい機能は、Web スライス、アクセラレータ、検索プロバイダーの検索候補です。 また、AJAX、JScript、および開発者ツールが大幅に向上しました。

この記事は、サイトが Internet Explorer 8 で機能すること、および メタ タグを使用して Internet Explorer 7 エンジンへのレンダリングを行わないことを前提としています。 この点で問題がある場合は、「 現在のサイトを修正する方法」 (英語の可能性あり) を参照してください。 また、 Microsoft Application Compatibility Toolkit (ACT) の使用を検討する必要もあります。 Internet Explorer 8 より Internet Explorer 7 のほうがサイトが適切に表示される場合は、メタ タグを設定します。引き続きこの記事をお読みになり、Internet Explorer 8 の新規機能および更新機能の利用方法を確認してください。

Internet Explorer 8 における開発者向けのすべての新機能に関する詳細については、「 Internet Explorer 8 の新機能」 (英語の可能性あり) を参照してください。

CSS のサポート

Internet Explorer 8 は、CSS 2.1 のすべてと CSS 3 の多くの部分をサポートしています。Internet Explorer における CSS サポートのすべての履歴 (Internet Explorer 8 でのサポートを含む) については、「 CSS の概要とチュートリアル」 (英語の可能性あり) を参照してください。

詳細については、「 Internet Explorer 8 における CSS の改良点」 (英語の可能性あり) を参照してください。

HTML と DOM のサポート

Internet Explorer 8 では、HTML 4.01 および 5、また DOM 2 および 3 のサポートが向上しました。また Internet Explorer 8 は、より厳格に標準に準拠しています。 Internet Explorer 7 と Internet Explorer 8 間の互換性に関しては、大部分の問題の原因となるのがこの分野です。 Internet Explorer 7 で使用していたオブジェクトの一部が、さまざまな標準仕様に応じて機能するように変更されました。 つまり、Internet Explorer 7 で非標準の方法で機能していた一部のメソッド、プロパティなどが、Internet Explorer 8 では標準に準拠するようになりました。

Internet Explorer 8 でサイトをテストして、非標準の方法を使用することで発生する問題を見つけます。 詳細については、「 Internet Explorer 8 の HTML 強化」 (英語の可能性あり) と「 Internet Explorer 8 での標準準拠の更新」 (英語の可能性あり) を参照してください。

AJAX のサポートの向上

Internet Explorer 8 では、ページ フラグメントの後方移動のサポートがさらに簡単になりました。 Internet Explorer 8 では、ページ、フレーム、サイト、およびドメイン間の通信をより適切に行うことができます。 また JScript によって、ネイティブ JSON がサポートされるようになりました。 詳細については、次のページを参照してください。

組み込みの開発者ツール

この記事をお読みになっている方は、Internet Explorer Developer Toolbar をダウンロードして使用したことがあるかもしれません。 このアドオンは、Internet Explorer 7 のリリースとほぼ同時にリリースされました。 ツール バーの機能はブラウザーに組み込まれたため、ツール バーを追加でインストールする必要がなくなりました。 開発者ツールは大幅に向上し、デバッガー、プロファイラーなどが追加されています。 Internet Explorer 8 を使用する際に、F12 を押して、このツールを試してください。 詳細については、「 Developer 開発者ツールのユーザー インターフェイス リファレンス」 (英語の可能性あり) を参照してください。

アクセラレータ

Web サービスをアクセラレータとしてユーザーが利用できるようにすることができます。 ユーザーはアクセラレータを Internet Explorer 8 に追加して、閲覧するどの場所でもそのアクセラレータを使用できます。 ユーザーはテキスト (たとえばページ上の住所) を選択し、場所を確認するマッピング Web サービス用のアクセラレータを選択できます。 アクセラレータは結果のプレビューを表示するため、現在表示しているページから移動して、作業の流れを中断する必要がありません。

Web サービスはアクセラレータとして簡単に設定できます。 これには、サーバー上にマニフェスト ファイルと同様の XML ファイルが必要です。 アクセラレータを Internet Explorer に追加するには、スクリプトを使用する方法もあります。 アクセラレータは、マイクロソフトが設けたギャラリー (http://ieaddons.com/) で提供することができます。

アクセラレータの詳細については、「 OpenService アクセラレータ開発者ガイド」 (英語の可能性あり) を参照してください。

Web スライス

RSS フィードと同じように、頻繁に更新される情報を含む Web ページの一部を、ユーザーの Web スライスとして設定できます。 ユーザーは Web スライスを購読することで、他の情報を表示する必要がなければ、元のページを再表示しなくても変更をチェックできます。 Web スライスは、マイクロソフトが設けたギャラリー (http://ieaddons.com/) で提供することができます。

たとえば、ニュース フィード、オークション、ソーシャル ネットワークの更新情報、天気の更新情報などはすべて Web スライス用の良いシナリオですが、その他にも数多くの用途があります。

Web スライスの設定に関する情報については、「 Web スライスを使用したコンテンツの購読」 (英語の可能性あり) を参照してください。

検索候補

Internet Explorer 8 では、エンド ユーザーの検索エクスペリエンスが向上しました。 多くの検索エンジンは、ユーザーが入力すると検索候補を提供します。 検索プロバイダーは、Internet Explorer 内で同じサービスを提供できます。

Internet Explorer ギャラリー (http://ieaddons.com/) で、検索エンジンを検索プロバイダーとして追加できます。

検索候補と検索プロバイダーの設定に関する情報については、「 Search Internet Explorer の検索プロバイダーに関する拡張性」 (英語の可能性あり) を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft