情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DataView オブジェクト

DataView オブジェクトを使用すると、ArrayBuffer 内の任意の場所でさまざまな種類のバイナリ データを読み書きできます。

dataView = new DataView(buffer, byteOffset, byteLength);

dataView

必須。

DataView オブジェクトを代入する変数名を指定します。

buffer

DataView が表す ArrayBuffer です。

byteOffset

省略可能です。 DataView の開始位置として、バッファーの先頭からのオフセットをバイトで指定します。

byteLength

省略可能です。 DataView で表す必要があるバッファーのセクションの長さ (バイト単位) を指定します。

byteOffset と byteLength の両方が省略されている場合、DataView は ArrayBuffer の範囲全体を対象とします。 byteLength が省略されている場合、DataView は、指定された byteOffset から ArrayBuffer の末尾までを対象とします。 指定した byteOffset と byteLength が ArrayBuffer の末尾を超える領域を参照すると、例外が発生します。

DataView オブジェクトのプロパティを次の表に示します。

プロパティ

説明

buffer プロパティ

読み取り専用です。 このビューによって参照される ArrayBuffer を取得します。

byteLength プロパティ

読み取り専用です。 構築時に固定された、このビューの ArrayBuffer の先頭からの長さ (バイト単位)。

byteOffset プロパティ

読み取り専用です。 構築時に固定された、このビューの ArrayBuffer の先頭からのオフセット (バイト単位)。

次のテーブルは、DataView オブジェクトのメソッドの一覧です。

メソッド

説明

getInt8 メソッド

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Int8 値を取得します。

getUint8 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Uint8 値を取得します。

getInt16 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Int16 値を取得します。

getUint16 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Uint16 値を取得します。

getInt32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Int32 値を取得します。

getUint32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Uint32 値を取得します。

getFloat32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Float32 値を取得します。

getFloat64 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置にある Float64 値を取得します。

setInt8 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Int8 値を格納します。

setUint8 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Uint8 値を格納します。

setInt16 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Int16 値を格納します。

setUint16 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Uint16 値を格納します。

setInt32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Int32 値を格納します。

setUint32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Uint32 値を格納します。

setFloat32 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Float32 値を格納します。

setFloat64 メソッド (DataView)

指定されたビューの先頭からのバイト オフセット位置に Float64 値を格納します。

次の例は、DataView オブジェクトを使用して、XmlHttpRequest から取得したバイナリ データを処理する方法を示します。

var req = new XMLHttpRequest();
    req.open('GET', "http://www.example.com");
    req.responseType = "arraybuffer";
    req.send();

    req.onreadystatechange = function () {
        if (req.readyState === 4) {
            var buffer = req.response;
            var dataView = new DataView(buffer);
            var ints = new Int32Array(dataView.byteLength / 4);
            for (var i = 0; i < ints.length; i++) {
                ints[i] = dataview.getInt32(i * 4);
            }
        alert(ints[10]);
        }
    }

Internet Explorer 10 標準、Internet Explorer 11 標準の各ドキュメント モードでサポートされます。ストア アプリ (Windows 8 および Windows Phone 8.1) でもサポートされます。「バージョン情報」を参照してください。

Quirks、Internet Explorer 6 標準、Internet Explorer 7 標準、Internet Explorer 8 標準、Internet Explorer 9 標準の各ドキュメント モードではサポートされません。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft