エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

sys.dm_db_missing_index_details

更新日: 2011年4月

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「sys.dm_db_missing_index_details」を参照してください。

空間インデックスを除く、欠落インデックスに関する詳細情報を返します。

Windows Azure SQL データベース では、動的管理ビューは、データベースの包含に影響する情報を公開することも、ユーザーがアクセスできる他のデータベースに関する情報を公開することもできません。この情報を公開しないように、接続されたテナントに属していないデータを含むすべての行がフィルターで除外されます。

 

列名 データ型 説明

index_handle

int

特定の欠落インデックスの識別子。識別子はサーバー内で一意です。index_handle はこのテーブルのキーです。

database_id

smallint

欠落インデックスを含むテーブルがあるデータベースの識別子。

object_id

int

インデックスが欠落しているテーブルの識別子。

equality_columns

nvarchar(4000)

次の形式の等値述語に使用できる列のコンマ区切り一覧。

table.column =constant_value

inequality_columns

nvarchar(4000)

次の形式のような不等値述語に使用できる列のコンマ区切り一覧。

table.column > constant_value

"=" 以外の比較演算子はすべて、不等値を表します。

included_columns

nvarchar(4000)

クエリの包括列として必要な列のコンマ区切り一覧。包括列または付加列の詳細については、「Create Indexes with Included Columns」を参照してください。

statement

nvarchar(4000)

インデックスが欠落しているテーブルの名前。

sys.dm_db_missing_index_details によって返される情報は、クエリ オプティマイザーでクエリが最適化されるときに更新されますが、保存されません。欠落インデックスの情報が保持されるのは、SQL Server の再起動までです。欠落インデックスの情報を、サーバーの再利用後も保持する場合は、データベース管理者が情報のバックアップ コピーを定期的に作成する必要があります。

特定の欠落インデックスが属する欠落インデックス グループを特定するには、sys.dm_db_missing_index_groups 動的管理ビューをクエリできます。これには、index_handle 列を基準に、このビューを sys.dm_db_missing_index_details と等結合します。

CREATE INDEX ステートメントでの欠落インデックス情報の使用

sys.dm_db_missing_index_details で返される情報を CREATE INDEX ステートメントに変換するには、等値列を不等値列の前に指定し、これらを合わせてインデックスのキーにする必要があります。付加列は、INCLUDE 句を使用して CREATE INDEX ステートメントに追加します。等値の列の有効な順序を決定するには、選択度の最も高い列を左の先頭に指定し、選択度が高い順に並べます。

トランザクションの一貫性

トランザクションでテーブルを作成または削除する場合、削除されたオブジェクトに関する欠落インデックス情報を含む行は、トランザクションの一貫性を保持するためこの動的管理オブジェクトから削除されます。

サーバーに対する VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。master データベースからクエリすることはできません。詳細については、「Dynamic Management Objects」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.