エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

専用ロールでのロール内キャッシュのホスト (Windows Azure キャッシュ)

更新日: 2012年11月

このトピックでは、専用 Windows Azure キャッシュのインロール キャッシュ トポロジについて説明します。この機能は、ロールベースの インロール キャッシュ に適用されます。

専用トポロジを使用するダウンロード可能なサンプルについては、「キャッシュ API とパフォーマンスのサンプル」を参照してください。

専用 インロール キャッシュ について

専用 キャッシュ のロールは キャッシュ にのみ使用されます。

note
専用ロール キャッシュはワーカー ロールのみでサポートされ、Web ロール上で構成することはできません。

各仮想マシン インスタンスは キャッシュ 専用ですが、メモリの一部はオペレーティング システムおよびその他のオペレーティング オーバーヘッドで使用できるようにする必要があります。次の表に、仮想マシンの各サイズとそれぞれの物理メモリの一覧を示します。キャッシュ に必要なインスタンスの数の詳細については、「インロール キャッシュの容量計画に関する考慮事項 (Windows Azure キャッシュ)」を参照してください。

 

仮想マシンのサイズ メモリの合計

Small

1.75 GB

Medium

3.5 GB

Large

7 GB

ExtraLarge

14 GB

Visual Studio 2012 で、ロールのプロパティの [構成] タブで仮想マシンのサイズおよびインスタンス数を構成します。

Caution注意
仮想マシンのサイズ ExtraSmall の使用はサポートされていません。

ワーカー ロールで専用 インロール キャッシュ を使用するには

次の手順は、Visual Studio 2012 内の既存の Windows Azure プロジェクトに専用 インロール キャッシュ のワーカー ロールを追加する方法を示しています。

  1. ソリューション エクスプローラーで Windows Azure プロジェクトを右クリックし、[新しいワーカー ロール プロジェクトの追加] を選択します。

  2. [キャッシュ ワーカー ロール] を選択します。

  3. 必要に応じて名前を変更し、[追加] をクリックします。

  4. ソリューション エクスプローラーで [Roles] フォルダーに移動します。新しいロールをダブルクリックします。

  5. プロパティ ウィンドウで、[Caching] タブに移動します。

  6. [キャッシュを有効にする] および [専用ロール] が選択されていることを確認します。

    Caching 専用プロパティ
  7. 次に、default キャッシュの設定を構成するか、新しい名前でキャッシュを作成します。

専用キャッシュ トポロジのガイドライン

次のガイドラインは、専用 インロール キャッシュ トポロジに適用されます。

  1. 一般的に、専用 インロール キャッシュ ロールでは、ロールの仮想マシンを他のアプリケーション サービスと共有しないのでパフォーマンスが最高になります。さらに、インロール キャッシュ ロールを個別に拡大縮小できるので、柔軟性も最も高くなります。これらの理由から、キャッシュ アーキテクチャとして専用トポロジの使用が推奨されます。ただし、共存トポロジが有効な状況もあります。詳細については、「Guidelines for a Co-located Caching Topology」を参照してください。

  2. 実行中のロール インスタンスごとに使用可能なメモリの量は、仮想マシンのサイズ ([VM サイズ]) およびロール上で実行されているオペレーティング システムおよび他のアプリケーション サービスによって使用されるメモリによって決まります。[キャッシュ サイズ (%)] を正しく設定する方法については、「インロール キャッシュの容量計画に関する考慮事項 (Windows Azure キャッシュ)」を参照してください。

  3. その他のコードまたはサービスには専用 インロール キャッシュ のロールを使用しないでください。

  4. 各クラウド サービスに対して、1 つのキャッシュ クラスターのみがサポートされます。

参照

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.