エクスポート (0) 印刷
すべて展開

手順 1:コンピューターをセットアップする

更新日: 2014年11月

このトピックでは、「チュートリアル:Azure BizTalk サービスを使用したオンプレミス SAP サーバーとの統合」で説明しているハイブリッド統合シナリオのセットアップ手順を実行するコンピューターをセットアップするための手順とヒントについて説明します。コンピューターをセットアップするには、次の操作を実行する必要があります。

  • http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=235057Microsoft Azure BizTalk サービス SDK をインストールします。この SDK を使用して、EDI アグリーメントとリレー エンドポイントの間に配置される XML 一方向ブリッジを構成および展開します。

  • BizTalk アダプター サービス をインストールします。この BizTalk アダプター サービスを使用して、IDOC に対する送信操作を Service Bus のリレー エンドポイントとして公開します。インストーラーは、http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=235057 からダウンロードできます。http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=237092 の BizTalk サービス のインストール ガイドを参照して、BizTalk サービス SDK および BizTalk アダプター サービス の前提条件となるソフトウェアをインストールしてください。

  • WCF LOB Adapter SDK をインストールします。これは、コンピューターに BizTalk アダプター パック をインストールする場合に必要です。

  • BizTalk アダプター パック をインストールします。アダプター パックには、SAP サーバーとの接続を確立し、SAP アイテムを操作として公開するために必要な SAP アダプターが含まれています。

  • SAP クライアント ライブラリをインストールします。SAP アダプターから SAP サーバーに接続する際に、これらのライブラリが必要になります。SAP クライアント ライブラリのインストール元については、http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=240161 のアダプター パックのインストール ガイド (BizTalkAdapterPack_InstallationGuide.htm) を参照してください。

  • http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=235057 から EDI メッセージ スキーマ (MicrosoftEdiXSDTemplates.zip) をダウンロードして抽出します。このファイルには、この記事で使用するビジネス シナリオに必要な X12 850 注文書メッセージ スキーマが含まれています。

これらのコンポーネントのインストールとダウンロードが完了したら、ビジネス シナリオのセットアップを開始できます。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft