エクスポート (0) 印刷
すべて展開

結論: Azure サービス バスの仲介型メッセージング API を利用するためのベスト プラクティス

更新日: 2014年3月

Microsoft Azure の Service Bus でサポートされるクラウドベースのメッセージングおよび通信インフラストラクチャには、信頼性の高いメッセージ キュー機能と永続的なパブリッシュ/サブスクライブ メッセージング機能が含まれています。Service Bus による「仲介」メッセージング サービスでは、メッセージング エンティティ (キュー、トピック、サブスクリプションなど) によって維持されるアクティブな同時接続がクォータの対象となる可能性があるため、この記事では、そのようなエンティティやメッセージング オブジェクトのライフサイクルを詳細に管理するためのベスト プラクティスをいくつか示しました。また、リソースの有効性を意識してアプリケーションをビルドするためのガイダンスも示しました。

同様に重要なのは、クラウドベースのテクノロジに依存するソリューションをビルドするとき、信頼性と柔軟性の要素をコードに組み込むことです。この記事では、その方法についてガイダンスといくつかの実例を示しました。このような手法を定着させることは、クラウドベースのアプリケーションで制御不能なエラーに対処するために役立ちます。たとえば、マルチテナントのクラウドベースの環境で発生するネットワークの一時的な通信エラーに対処する場合などです。

最後にこの記事では、Service Bus のいくかの高度な機能 (メッセージを非同期に送受信してその同じプロセス内で信頼性の高いメッセージ ループを実装する機能など) を活用しながら、堅牢かつ効率的なコードを設計するために役立つベスト プラクティスを示しました。

この記事で説明したトピックの詳細については、次のリソースを参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft