エクスポート (0) 印刷
すべて展開

キューからのピーク/ロック メッセージ (非破壊読み取り)

更新日: 2014年2月

キューからのメッセージを処理できるように、Atom で取得してロックします。キューの説明で指定されるロック期間中、メッセージが (同じサブスクリプション上の) 他の受信者に配信されることはありません。ロックが解除されると、他の受信者がメッセージを利用できるようになります。メッセージの処理を完了するには、受信者がこの操作で受信したロック ID で削除コマンドを発行する必要があります。メッセージの処理を破棄し、他の受信者へのロックを解除するときには、メッセージのロック解除コマンドを発行しないとロックが期限切れになる可能性があります。

この操作は、少なくとも 1 回配信が保証されているアプリケーションで使用する必要があります。処理の成功前に受信者がメッセージを削除しなければ、ロックが期限切れになった後で別の受信者が処理できます。

 

メソッド 要求 URI HTTP のバージョン

POST

https://{serviceNamespace}.servicebus.Windows.net/{queue path}/messages/head?timeout={seconds}

HTTP/1.1

次の表は、必須の要求ヘッダーおよび省略可能な要求ヘッダーを示します。

 

要求ヘッダー 説明

認証

ACS から取得した SimpleWebToken を含む WRAPv0.9.7.2 トークンを指定します。WRAP access_token=”{swt}” に設定します。

なし。

応答には、HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

 

コード 説明

201

メッセージの処理は正常にロックされ、ロックが作成されました。

204

指定されたタイムアウト期間内にメッセージを取得できませんでした。

400

無効なタイムアウト。

401

認証エラー。

404

サブスクリプションが存在しません。

410

指定されたサブスクリプションは存在しません。

500

内部エラー。

ステータス コードの詳細については、「ステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作への応答には次のヘッダーが含まれています。応答には追加的な標準の HTTP ヘッダーも含まれる場合があります。すべての標準のヘッダーは HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

場所

ロックされたメッセージの URI。メッセージをロック解除または削除するには、この URI が必要です。

BrokerProperties{LockToken}

ロックされたメッセージのロック ID。

BrokerProperties{SequenceNumber}

ロックされたメッセージのシーケンス番号。

取得したメッセージのメッセージ本文。

表示:
© 2014 Microsoft