エクスポート (0) 印刷
すべて展開

パフォーマンスの負荷分散の構成

更新日: 2014年3月

世界各地 (地域) に配置されたさまざまなデータセンターにあるクラウド サービスと Web サイト (エンドポイント) の負荷を分散するために、要求元のクライアントから最も待機時間の短いエンドポイントに受信トラフィックを送ることができます。通常、待機時間が最も低いデータセンターが、地理的に最も近いエンドポイントを表します。パフォーマンスの負荷分散方法を使用すると、最も短い待機時間に基づいて分散することができますが、ネットワークの構成や負荷におけるリアルタイムな変更は考慮されません。Azure Traffic Manager に用意されているさまざまな負荷分散方法の詳細については、「Traffic Manager での負荷分散方法について」を参照してください。

  1. 管理ポータルの左ペインで、[Traffic Manager] アイコンをクリックして [Traffic Manager] ウィンドウを開きます。まだ Traffic Manager プロファイルを作成していない場合は、「簡易作成による Traffic Manager プロファイルの作成」の手順に従って基本的な Traffic Manager プロファイルを作成します。

  2. 管理ポータルの [Traffic Manager] ペインで、変更する設定が含まれる Traffic Manager プロファイルを見つけ、プロファイル名の右にある矢印をクリックします。そのプロファイルの設定ページが開きます。

  3. プロファイルのページで、ページの上部にある [エンドポイント] をクリックし、構成に含めるサービス エンドポイントが存在することを確認します。プロファイルにエンドポイントを追加または削除する手順については、「エンドポイントの追加と削除」を参照してください。

  4. プロファイルのページで、上部にある [構成] をクリックして [構成] ページを開きます。

  5. [負荷分散方法の設定] で、負荷分散方法が [パフォーマンス] に設定されていることを確認します。他の方法に設定されている場合は、ドロップダウン リストの [パフォーマンス] をクリックします。

  6. [監視の設定] が適切に構成されていることを確認します。監視機能によって、オフラインになっているエンドポイントにはトラフィックが送信されません。エンドポイントを監視するには、パスとファイル名を指定する必要があります。スラッシュ "/" は、相対パスの有効なエントリであり、ファイルがルート ディレクトリ (既定のディレクトリ) にあることを意味する点に注意してください。監視の詳細については、「Traffic Manager の監視について」を参照してください。

  7. 構成の変更が完了したら、ページの下部にある [保存] をクリックします。

  8. 構成の変更をテストします。詳細については、「Traffic Manager の設定のテスト」を参照してください。

  9. Traffic Manager プロファイルが設定されて機能したら、会社のドメイン名が Traffic Manager のドメイン名を指すように、権限のある DNS サーバー上の DNS レコードを編集します。この方法の詳細については、「会社のインターネット ドメインが Traffic Manager ドメインを指すように設定する」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft