エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure Shared Caching の概要

更新日: 2014年6月

Important重要
Azure 共有キャッシュおよび Azure Silverlight ベースのポータルの提供は 2014 年 9 月 1 日に終了しますのでご注意ください。共有キャッシュの提供終了後、残された共有キャッシュ展開は削除されます。マイクロソフトでは、できるだけ早い時点で既存の共有キャッシュを キャッシュ サービス (すでに公開済み) か、新しい Azure Redis キャッシュ (現在プレビュー段階) のいずれかに移行することを強くお勧めします。コード変更なしの移行を含む、移行に関するガイダンスは、「Shared Caching から移行する」をご覧ください。詳細情報 現在利用可能な Azure キャッシュについては、「Azure Cache」をご覧ください。

Microsoft Azure Shared Cachingでは、キャッシュにより利点が得られるアプリケーションまたはサービスから使用するために、クラウドでキャッシュを簡単にプロビジョニングできます。キャッシュのプロビジョニングを行うには、Shared CachingでMicrosoft Azure の管理ポータル サービスの 1 つを契約します。各サービスでは、キャッシュに使用できるメモリの量が異なります。128 MB から最大 4 GB まで段階的なサービスを提供しています。ただし、Shared Cachingはマルチテナント サービスなので、他のネットワーク リソースに関するクォータも設定されています。これらのクォータも各Shared Caching サービスによって異なります。

Shared Caching は、クラウド サービスで キャッシュ を使用するための 2 つのオプションのうちの 1 つです。もう 1 つのオプションは、ユーザー独自の Web またはワーカー ロール内で キャッシュ をホストすることです。詳細については、「キャッシュ」を参照してください。

note
Microsoft Azure Cacheの機能は、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server の内部設置型キャッシュ ソリューションによって提供される機能のサブセットです。詳細については、「内部設置型とクラウドでの Caching の相違点」を参照してください。

Important重要
Microsoft Azure Cacheは、クラウドでホストされる Microsoft Azure アプリケーションで使用するように設計されています。これにより、最小の遅延で最大のスループットが得られます。Microsoft Azure Cacheにアクセスする内部設置型のコードをテストすることはできますが、この設計は運用環境向けにはサポートされず、ストレス テストには有効ではありません。その代わり、内部設置型アプリケーションは、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server を使用する内部設置型のキャッシュ クラスターを使用できます。

Shared Cachingのクイック スタート

次の一覧は、Shared Cachingについての学習をすばやく開始し、Microsoft Azure アプリケーションで使用するための手順を示しています。

  1. Microsoft Azure アカウントがない場合は、Azure 管理ポータルでサインアップできます。

  2. その後、最初のキャッシュを作成できます。

  3. キャッシュ API を直接使用するか、ASP.NET のセッション状態および出力キャッシュ プロバイダーを使用する、独自のアプリケーション開発の詳細を参照できます。

  4. Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server による内部設置型のキャッシュについて理解している場合、確認する必要がある重要な機能の違いAPI の違いがあります。

  5. キャッシュ対応アプリケーションをクラウドに展開する方法を参照してください。

  6. 最後に、キャッシュの管理に関する情報を参照してください。これにはキャッシュ クォータの概要が含まれます。

Tipヒント
キャッシュの要件とクォータの計画について詳しくは、「Capacity Planning for Caching in Azure」を参照してください。

このセクションの内容

参照

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft