エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure Shared Caching の概要

更新日: 2014年6月

Important重要
Azure 共有キャッシュ サービスは、2014 年 9 月 1 日に提供が終了し、それと共に、Azure Silverlight ベースのポータルの提供も終了します。共有キャッシュ サービスの提供が終了すると、残りのすべての共有キャッシュのデプロイが削除されます。Microsoft では、できるだけ早い機会に、すべての既存の共有キャッシュを マネージ キャッシュ サービス (現在 GA にある) または新しい Azure Redis Cache (現在プレビューにある) のいずれかに移行することを強くお勧めします。コードを変更しない移行を含む移行のガイダンスについては、「Shared Caching から移行する」を参照してください。現在の Azure Cache サービス詳細情報、Azure Cache を参照してください。

Microsoft Azure Shared Caching を利用して、クラウド内に簡単にキャッシュを準備でき、キャッシュが効果的である任意のアプリケーションまたはサービスからそのキャッシュを利用することができます。キャッシュをプロビジョニングするには、 でいずれかの Shared Caching オファリングにサインアップします。各オファリングは、キャッシュ に使用可能なメモリの量で区別されています。オファリングは 128 MB から最大 4 GB まで、段階的に増加されています。ただし、マルチテナント サービスとして、Shared Caching には、他のネットワーク リソースのクォータもあります。これらのクォータも各 Shared Caching オファリングで異なります。

Shared Caching は、クラウド サービスで キャッシュ を使用する場合の 2 つのオプションのうちの 1 つです。もう 1 つのオプションは、独自の Web またはワーカー ロール内で キャッシュ をホストすることです。詳細については、「キャッシュ」を参照してください。

noteメモ
Microsoft Azure Cache の機能は、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server のオンプレミスのキャッシュ ソリューションによって提供される機能のサブセットです。詳細については、「オンプレミスとクラウド内のキャッシュの違い」を参照してください。

Important重要
Microsoft Azure Cache は、クラウドでホストされる アプリケーションで使用するように設計されています。これにより、最短の待機時間で最高のスループットを実現します。Microsoft Azure キャッシュ にアクセスするオンプレミス コードをテストできますが、この設計は、実稼働用にサポートされておらず、ストレス テストに有効ではありません。代わりに、オンプレミス アプリケーションは、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server を使用するオンプレミス キャッシュ クラスターに依存することができます。

次のリストに、 アプリケーションでの Shared Caching の学習と使用を速やかに開始するための手順を説明します。

  1. アカウントを持っていない場合は、Azure Management Portal でサインアップできます

  2. これで、最初のキャッシュを作成できます。

  3. 直接にキャッシュ API を使用したり、ASP.NET セッション状態および出力キャッシュ プロバイダーを使用したりする独自のアプリケーションの開発に関する詳細を学ぶことができます。

  4. Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server によるオンプレミス キャッシュに慣れている場合、確認しておく必要がある重要な機能の違いAPI の違いがあります。

  5. キャッシュ対応アプリケーションをクラウドにデプロイする方法を学習します。

  6. 最後に、キャッシュ クォータの理解を含む、キャッシュの管理に関する情報を確認します。

Tipヒント
キャッシュ要件およびクォータの計画方法の詳細については、「Capacity Planning for Caching in Azure」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft