エクスポート (0) 印刷
すべて展開

PowerShell Best Practices - BizTalk Adapter Service

更新日: 2013年11月

Microsoft Azure BizTalk サービスでの PowerShell に関するベスト プラクティスのうち、BizTalk アダプター サービス に固有のものの一覧です。

 

大文字と小文字の区別

PowerShell コマンドでは大文字と小文字が区別されません。このため、構文とスペルを正しくすることに重点を置きます。

コマンドレットのパラメーター ショートカット

既定では、PowerShell はコマンドレット パラメーターに対して、一意のどのようなプレフィックスも許可します。たとえば、-ForceDelete パラメーターのショートカットとして、-f-fo、および -for をすべて使用できます。

ランタイム & ツールのインストール

同じサーバーへのインストール。このオプションにより、クラウド内の BizTalk アダプター サービス コンポーネントを管理すること、およびセントラル サーバー上の PowerShell コマンドレットを使用することが可能になります。

[セットアップ] の [開発者] 部分は個別のコンピューターにインストールする必要があります。目標は、開発タスクとランタイム タスクを切り離すことです。

get-help cmdletName -full

-full を使用してコマンドレットに関する詳細な情報 (例、各パラメーターの説明など) を取得します。

about_ topics

PowerShell about_ ヘルプ トピックは、C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\en-US にテキスト形式で提供されます。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft