エクスポート (0) 印刷
すべて展開

SQL データ同期プレビューでサポートされる SQL データベース データ型

更新日: 2014年2月

 

 

列、ローカル変数、パラメーター、および式には、それぞれデータ型があります。データ型は、列、変数、パラメーター、または式が格納できるデータの種類を指定します。システムではデータ型を参照して、ビット パターンを解釈する方法を把握します。

SQL データ同期は、SQL データベース データ型のサブセットをサポートしています。次に示す 1 番目の表は、SQL データベース でサポートされる SQL データ同期プレビュー データ型の一覧です。次に示す 2 番目の表は、SQL データベース で現在サポートされていない SQL データ同期プレビュー データ型の一覧です。

Microsoft Azure Silverlight ポータル上の Microsoft Azure SQL データ同期プラグインは廃止されました。今後、Azure SQL データ同期には Microsoft Azure の管理ポータルを使用してください。

Microsoft Azure の管理ポータルの [SQL データベース] の下にある [同期] タブから SQL データ同期 (プレビュー) にアクセスします。[同期] タブは、1 つまたは複数の同期グループを持つ場合にのみ使用できます。「方法: Create a Sync Group (SDS)」のトピックで、このポータルから同期グループを作成、修正する方法をご覧いただけます。

開始前に読んでおく必要があるトピックへのリンク、および同期グループの作成と変更に関するガイダンスへのリンクについては、以下の「ナビゲーション」を参照してください。

 

セクション 説明

サポートされるデータ型

SQL データベース SQL データ同期プレビュー でサポートされる プレビュー データ型の表です。

サポートされないデータ型

SQL データベース SQL データ同期プレビュー でサポートされない プレビュー データ型の表です。

サポートされていない列プロパティ

SQL データ同期プレビュー プレビュー でサポートされない列プロパティの一覧です。

ナビゲーション

開始前に読んでおく必要があるトピックおよび同期グループの作成と変更に関するガイダンス。

 

データ型のカテゴリ サポートされる SQL データベース データ型

正確な数

サポート:bit、decimal、int、numeric、smallint、tinyint

概数

サポート:float、real

日付と時刻

サポート:date、datetime2、datetime、datetimeoffset、time

文字列

サポート:char、varchar、text

Unicode 文字列

サポート:nchar、nvarchar、ntext

バイナリ文字列

サポート:binary*、varbinary*、image
「サポートされないデータ型」を参照してください。binary(50) および varbinary(5) はサポートされていません。

空間データ型

サポート:geography、geometry

他のデータ型

サポート:sql_variant、table、uniqueidentifier、xml

 

データ型のカテゴリ サポートされないデータ型

正確な数

サポート対象外:money、smallmoney

バイナリ文字列

サポート対象外:binary(50)、varbinary(5)

日付と時刻

サポート対象外:smalldatetime

FileStream

サポートされていません。

CLR UDT

サポートされていません。

SQL UDT

サポートされていません。

XML データ型

サポート対象外:XmlSchemaCollection

他のデータ型

サポート対象外:cursor、timestamp、hierarchyid

次の列プロパティはサポートされていません。

  • ROWGUICOL

  • FILESTREAM

  • XML SCHEMA COLLECTION

SQL データ同期プレビューは SQL データベースの機能です。Azure 管理ポータルから、同期グループの作成、配置、および変更するために必要なすべてのタスクを実行できます。

 

開始前の準備

同期の設計および実装を開始する前に、以下の各トピックを理解しておく必要があります。

同期グループの作成方法

Azure 管理ポータルから同期グループを作成するには、6 つの手順を実行します。各手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

  1. Azure SQL データベース管理ポータル
    へのサインインSQL データ同期プレビューは、同期グループを作成すると、SQL データベースのタブとして表示されます。

  2. SQL データ同期プレビュー クライアント エージェントをインストールする

  3. SQL Server データベースをクライアント エージェントに登録する

  4. 同期グループを作成する (SDS)

  5. 同期データを定義する (SDS)

  6. 同期グループを構成する (SDS)

 

同期グループの変更方法

同期グループにテーブルまたは列を追加/削除したり、列の幅またはデータ型を変更したりして、同期グループのスキーマを変更できます。詳細については、以下のリンクを参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft