エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Service Bus トピック

更新日: 2014年3月

トピックは、キューによるメッセージング機能を拡張した機能で、パブリッシュ/サブスクライブ機能を追加したものです。

トピック エンティティは、キューと同様に連続するメッセージ ストアで構成されますが、メッセージのコピーをワーカー プロセスのポーリングにリレーする永続的なサブスクリプションを同時に 2,000 件までサポートします (この数は今後変更される可能性があります)。次の図に示すように、各サブスクリプションで 1 つ以上のルール エンティティを定義できます。

それぞれのルールで、サブスクリプションを通じて受け渡すメッセージのフィルター処理に使用するフィルター式と、メッセージのプロパティを変更できるフィルター操作を指定します。具体的には、次の例に示すように、SqlFilter クラスを使用して、メッセージのプロパティで SQL92 と同様の条件を定義できます。

  1. OrderTotal > 5000 OR ClientPriority > 2

  2. ShipDestinationCountry = ‘USA’ AND ShipDestinationState = ‘WA’

また、SqlRuleAction クラスを使用すると、次の例に示すように、UPDATE SQL コマンドの SET 句に似た構文を使用して、BrokeredMessage オブジェクトのプロパティを変更、追加、削除することもできます。

  1. SET AuditRequired = 1

  2. SET Priority = 'High', Severity = 1

Warning警告
照合ルールでは、パブリッシュされたメッセージのコピーがそれぞれ個別に生成されます。そのため、サブスクリプションでは、照合ルールごとに 1 つずつ、同じメッセージのコピーが複数生成される可能性があります。

キューと同様に、トピックでも競合コンシューマーのシナリオがサポートされます。そのため、サブスクリプションでは、1 つのコンシューマーがすべてのメッセージを受信するようにすることも、一連の競合コンシューマーが先着順でメッセージをフェッチするようにすることもできます。トピックは、多くのコンシューマーにメッセージをブロードキャストする場合の有用なメッセージング ソリューションです。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft