エクスポート (0) 印刷
すべて展開

更新またはアップグレードのロールバック

更新日: 2014年4月

Rollback Update Or Upgrade 操作は、進行中の構成の更新を取り消して、デプロイを更新が開始される前の状態に戻します。

Rollback Update Or Upgrade要求は、次のように指定できます。<subscription-id> をサブスクリプション ID に、<cloudservice-name> をクラウド サービスの名前に、<deployment-name> をデプロイの名前に、それぞれ置き換えます。

 

メソッド 要求 URI

POST

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<cloudservice-name>/deploymentslots/

POST

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<cloudservice-name>/deployments/<deployment-name>/

管理サービスに対して行われる要求をセキュリティで保護する必要があります。詳細については、「サービス管理要求の認証」を参照してください。

 

URI パラメーター 説明

comp=rollback

必須。進行中の操作を停止し、デプロイを以前の状態に戻します。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

x-ms-version

必須。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。このヘッダーには、2011/10/01 以降のバージョンを設定する必要があります。バージョン管理ヘッダーの詳細については、「サービス管理のバージョン管理」を参照してください。

要求本文の形式は次のとおりです。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RollbackUpdateOrUpgrade xmlns=”http://schemas.microsoft.com/windowsazure”>
  <Mode>type-of-upgrade</Mode>
  <Force>upgrade-forced</Force>
</RollbackUpdateOrUpgrade>

要求の要素を次の表に示します。

 

要素名

説明

Mode

必須。ロールバックを自動的に実行するかどうかを指定します。

  • Auto: それ以上のユーザー入力なしでロールバックが進行します。

  • Manual: 各アップグレード ドメインにロールバックを適用するには Walk Upgrade Domain 操作を呼び出す必要があります。

Force

必須。ロールバックを実行すると一部のロール インスタンスからローカル データが失われるおそれがある場合であっても、ロールバックを実行するかどうかを指定します。ロールバックを実行する場合は True。ロールバックを実行しない場合は false

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。ステータス コードの詳細については、「サービス管理のステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

x-ms-request-id

管理サービスに対して行われた要求を一意に識別する値。

なし。

Rollback Update Or Upgrade 操作を呼び出すことができるのは、デプロイ上で更新が進行中であるときのみです。デプロイ ステータスは、Get Deployment 操作または Get Cloud Service Properties 操作を呼び出して、RollbackAllowed 要素を調べることによって検出できます。戻り値が true の場合に、ロールバックを実行できます。

表示:
© 2014 Microsoft