エクスポート (0) 印刷
すべて展開

権限の更新 (Windows Azure SQL レポート)

更新日: 2014年5月

Important重要

フォルダー、データ ソース、またはレポートに対して、コンテンツと操作へのアクセスを許可または拒否する権限を設定できます。権限は、ブラウザー、コンテンツ マネージャー、パブリッシャーなどのロールに組み込まれています。権限の付与は、ロールを 1 人以上のユーザーに割り当てるときに行います。

既定では、ユーザー アカウントの作成時に、ロールがそのアカウントに割り当てられます。既定のロールはブラウザーで、フォルダー階層全体の表示権限が設定されています。フォルダーは レポート サーバーに直接作成されるため、ルート ノードで設定された権限は、フォルダー階層内の下位にあるフォルダー、レポート、およびその他のアイテムに自動的に継承されます。その階層内の個々のアイテムに対する権限を増やしたり制限したりすることができます。

権限の追加または制限は、アイテム レベルで行われます。システム上のコンテンツ マネージャーにレポートが表示されないようにするなど、権限を制限するには、アイテムで権限の継承を無効にし、そのアイテムに対して、そのユーザーのコンテンツ マネージャー ロールを削除する必要があります。

管理が容易になるように、ユーザー アカウントと権限はできるだけ単純なものにしてください。ユーザーと権限は一元管理できません。各ユーザー アカウントを調べて、そのユーザーがアクセスできるアイテムを確認することはできません。権限が細かくなりすぎると、フォルダー階層内の特定のアイテムに対して権限を持っているユーザーがわからなくなる場合があります。

  1. Web ブラウザーを開き、適切な の資格情報を指定して Windows Azure プラットフォーム管理ポータルを起動します。 サーバーを開きます。

  2. ページの上部にある [アイテム] をクリックします。

  3. フォルダー、レポート、またはデータ ソースを選択し、ページの下部にある [権限の管理] をクリックします。

  4. [アイテム固有の権限の割り当て] をクリックします。

  5. 既存のユーザーの一覧を下へスクロールしてユーザーを探します。ユーザーを選択します。

  6. [権限] で、ロールを選択します。ロールは累積されます。

    コンテンツ マネージャーはすべてを含んでいるため、最上位の権限を提供します。たとえば、コンテンツを削除したり、ロールの割り当てを作成または変更したりできます。

    ブラウザーおよびパブリッシャーでは、それぞれ、コンテンツを追加および表示するための権限が付与されますが、コンテンツを削除したり、ロールの割り当てを変更したりすることはできません。

  7. チェック ボックスをオンにして、変更を保存します。

  1. ページの上部にある [アイテム] をクリックします。

  2. フォルダー、レポート、またはデータ ソースを選択し、ページの下部にある [権限の管理] をクリックします。

  3. [アイテム固有の権限の割り当て] をクリックします。

  4. 既存のユーザーの一覧を下へスクロールしてユーザーを探します。

  5. 権限を制限するユーザーをクリックします。

  6. ロールの割り当ての右横にある [X] をクリックします。現在のアイテムに対するロールの割り当てがすぐに削除されます。操作を確認するメッセージは表示されません。

  7. チェックマークをクリックして変更を保存します。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft