エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Storage Analytics Metrics について

更新日: 2014年11月

Storage Analytics では、ストレージ サービスに対する要求に関する集計されたトランザクション統計情報と容量データを含むメトリックを格納できます。トランザクションに関しては、API 操作レベルとストレージ サービス レベルの両方でレポートされます。容量に関しては、ストレージ サービス レベルでレポートされます。メトリック データは、ストレージ サービスの使用状況の分析、ストレージ サービスに対する要求に関する問題の診断、サービスを使用するアプリケーションのパフォーマンスの向上に利用できます。

Storage Analytics を使用するには、監視するサービスごとに Storage Analytics を個別に有効にする必要があります。Storage Analytics は、Windows Azure 管理ポータルから有効にすることができます。詳細については、「ストレージ アカウントの監視方法」を参照してください。また、プログラムから REST API またはクライアント ライブラリを使用して有効にすることもできます。各サービスに対して Storage Analytics を有効にするには、Get Blob Service Properties (REST API)Get Queue Service Properties (REST API)、および Get Table Service Properties (REST API) の各操作を使用します。

各ストレージ サービスおよび要求された API 操作について、受信/送信、可用性、エラー、分類された要求のパーセンテージを含む信頼性の高いデータのセットが 1 時間または 1 分間隔で記録されます。トランザクションの詳細の完全な一覧については、「Storage Analytics Metrics のテーブル スキーマ」を参照してください。

トランザクション データは、サービス レベルと API 操作レベルの 2 つのレベルで記録されます。サービス レベルでは、サービスに対して要求が行われなかった場合、すべての要求された API 操作を要約した統計情報が 1 時間ごとにテーブル エンティティに書き込まれます。API 操作レベルでは、統計情報は、その時間内に操作が要求された場合にのみエンティティに書き込まれます。

たとえば、BLOB サービスで GetBlob 操作を実行した場合、Storage Analytics Metrics により、その要求がログに記録され、BLOB サービスと GetBlob 操作の集計データに格納されます。ただし、その時間内に GetBlob 操作が要求されなかった場合、エンティティはその操作の $MetricsTransactionsBlob に書き込まれません。

トランザクション メトリックは、ユーザー要求と Storage Analytics 自体によって発行された要求の両方に関して記録されます。たとえば、Storage Analytics からのログとテーブル エンティティの書き込み要求は記録されます。これらの要求の課金方法の詳細については、「Storage Analytics と課金」を参照してください。

noteメモ
現在、容量メトリックは、BLOB サービスに対してのみ利用できます。テーブル サービスおよびキュー サービスに関する容量メトリックは、Storage Analytics の将来のバージョンでの提供を予定しています。

容量データはストレージ アカウントの BLOB サービスに対して毎日記録され、2 つのテーブル エンティティが書き込まれます。一方のエンティティは、ユーザー データの統計情報です。もう一方のエンティティは、Storage Analytics によって使用される $logs BLOB コンテナーに関する統計情報です。$MetricsCapacityBlob テーブルは、次の統計情報を格納します。

  • Capacity: ストレージ アカウントの BLOB サービスによって使用されているストレージの量 (バイト単位)。

  • ContainerCount: ストレージ アカウントの BLOB サービス内の BLOB コンテナーの数。

  • ObjectCount: ストレージ アカウントの BLOB サービス内のコミット済みおよびコミット前のブロックまたはページ BLOB の数。

容量メトリックの詳細については、「Storage Analytics Metrics のテーブル スキーマ」を参照してください。

各ストレージ サービスのすべてのメトリック データは、そのサービス用に予約されている 3 つのテーブルに格納されます。それらのテーブルは、トランザクション情報用のテーブル、分単位のトランザクション情報用のテーブル、容量情報用のテーブルです。トランザクション情報および分単位のトランザクション情報は、要求データと応答データから構成されます。容量情報は、ストレージ使用量データから構成されます。ストレージ アカウントの BLOB サービスに関する時間単位のメトリック、分単位のメトリック、および容量は、次の表に示した名前のテーブルで利用できます。

 

メトリック レベル テーブル名 サポートされているバージョン

時間単位のメトリック、1 次拠点

  • $MetricsTransactionsBlob

  • $MetricsTransactionsTable

  • $MetricsTransactionsQueue

2013-08-15 よりも前のバージョンのみ。これらの名前はまだサポートされていますが、下に示すテーブルを使用するように切り替えることをお勧めします。

時間単位のメトリック、1 次拠点

  • $MetricsHourPrimaryTransactionsBlob

  • $MetricsHourPrimaryTransactionsTable

  • $MetricsHourPrimaryTransactionsQueue

2013-08-15 を含むすべてのバージョン

分単位のメトリック、1 次拠点

  • $MetricsMinutePrimaryTransactionsBlob

  • $MetricsMinutePrimaryTransactionsTable

  • $MetricsMinutePrimaryTransactionsQueue

2013-08-15 を含むすべてのバージョン

時間単位のメトリック、2 次拠点

  • $MetricsHourSecondaryTransactionsBlob

  • $MetricsHourSecondaryTransactionsTable

  • $MetricsHourSecondaryTransactionsQueue

2013-08-15 を含むすべてのバージョン。読み取りアクセスの地理冗長レプリケーションを有効にする必要があります。

分単位のメトリック、2 次拠点

  • $MetricsMinuteSecondaryTransactionsBlob

  • $MetricsMinuteSecondaryTransactionsTable

  • $MetricsMinuteSecondaryTransactionsQueue

2013-08-15 を含むすべてのバージョン。読み取りアクセスの地理冗長レプリケーションを有効にする必要があります。

容量 (BLOB サービスのみ)

$MetricsCapacityBlob

2013-08-15 を含むすべてのバージョン

これらのテーブルは、Storage Analytics がストレージ アカウントに対して有効化されたときに自動的に作成されます。これらのテーブルには、次のようにストレージ アカウントの名前空間を介してアクセスします。https://<accountname>.table.core.windows.net/Tables("$MetricsTransactionsBlob")

メトリック テーブル内のすべてのデータは、テーブル サービス API を使用してアクセスできます (Windows Azure マネージ ライブラリで提供される .NET API など)。ストレージ アカウント管理者は、テーブル エンティティの読み取りと削除を行うことができますが、テーブル エンティティの作成または更新を行うことはできません。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft