エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のカメラと写真

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このセクションでは、アプリで写真とビデオを Windows Phone にキャプチャする方法について説明します。さらに、アプリでメディア ライブラリに写真を保存する方法や、機能拡張を使用してカメラと写真エクスペリエンスを拡張する方法も示します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

写真のキャプチャがアプリの中心的な機能ではない場合、組み込みのカメラ アプリを使用して写真をキャプチャすることを検討してください。この機能は、カメラ キャプチャ タスクで公開されます。カメラ キャプチャ タスクを使用すると、組み込みのカメラ アプリを使用してユーザーが写真をキャプチャできます。キャプチャした写真は、イベント ハンドラーでアプリに引き渡されます。詳細については、「Windows Phone 8 のカメラ キャプチャ タスクを使用する方法」を参照してください。

また、写真選択タスクを使用して、ユーザーがメディア ライブラリから写真を選択できるようにすることも可能です。詳細については、「Windows Phone 8の写真セレクター タスクの使用方法」を参照してください。

直接カメラにアクセスする場合、アプリでカメラ API を使用できます。Windows Phone には最大 2 つのカメラ (電話の前面と背面にそれぞれ 1 つ) が装備されている場合があります。最新の電話には 2 つのカメラが装備されているケースがかなり一般的ですが、技術的にはカメラはオプションなので、アプリは最初にカメラの有無をチェックした上で、カメラを使用する必要があります。写真とビデオのキャプチャについての詳細は、次のトピックを参照してください。

Windows Phone 8 では、新しいアプリケーションのクラスとして、レンズが導入されています。SLR カメラで別の物理レンズに切り替えるのと同じように、Windows Phone ではレンズ アプリへの切り替えが可能です。組み込みのカメラ アプリから [レンズ] ボタンを使用して、ビューファインダー エクスペリエンスを提供する別のカメラ アプリに切り替えます。詳細については、「Windows Phone 8 のレンズ」を参照してください。

アプリで写真を電話のメディア ライブラリに保存したり、アプリのローカル フォルダー (従来の分離ストレージ) に保存することができます。写真をメディア ライブラリに保存するには、Microsoft.Xna.Framework.Media 名前空間の MediaLibrary クラスを使用します。MediaLibrary SavePictureToCameraRoll() メソッドと SavePicture() メソッドは、[カメラ ロール] フォルダーと [保存した写真] フォルダーに写真を保存します。例については、「Windows Phone 8 の基本カメラ アプリを作成する方法」を参照してください。

アプリでは他のアプリケーション データと同じように、写真をアプリのローカル フォルダーに保存することができます。例については、「Windows Phone 8 の基本カメラ アプリを作成する方法」を参照してください。データの保存の詳細については、「Windows Phone 8 のデータ」を参照してください

アプリでは電話以外の場所に写真を保存することも可能です。Windows Phone 8 以降では、写真ストレージ サービスに写真を自動的にアップロードするアプリの作成が可能です。詳細については、「Windows Phone 8 の自動アップロード アプリ」を参照してください。

Windows Phone では、写真の機能拡張に、アプリが写真エクスペリエンスを拡張するための 2 つの方法が用意されています。次の拡張ポイントと統合できます。

  • 写真ハブ

  • 共有ピッカー

  • リッチ メディア アプリ

  • 写真編集ピッカー

  • フォト アプリ ピッカー

詳細については、「Windows Phone 8 の写真の機能拡張」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft