エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Rule

発行: 2011年4月

更新日: 2011年5月

適用対象: Windows Azure

このトピックでは、Windows Azure AppFabric アクセス制御サービス (ACS) 管理サービスの Rule エンティティのプロパティについての説明と有効な値を示します。

noteメモ
ACS 管理サービスの ConditionalRule エンティティのプロパティに関する説明と有効な値については、「条件付き規則」を参照してください。2 つの入力要求を条件として使用する規則には、条件付き規則エンティティが使用されます。

Rule のプロパティ

 

プロパティ名 NULL 値の使用 説明

Id

Int64

False

規則の一意識別子を指定します。この値は ACS によって自動的に設定されます。

RuleGroupId

Int64

False

規則が関連付けられる規則グループの一意識別子を指定します。

IssuerId

Int64

False

要求発行者の一意識別子を指定します。

Description

String

True

規則の説明を指定します。

InputClaimType

String

True

規則の入力要求タイプを指定します。null 値は、要求の種類がパススルーされる必要があることを示します。

InputClaimValue

String

True

規則の入力要求タイプの値を指定します。null 値は、要求の値がパススルーされる必要があることを示します。

OutputClaimType

String

True

規則の出力要求タイプを指定します。

OutputClaimValue

String

True

規則の出力要求タイプの値を指定します。

SystemReserved

Boolean

False

Rule エンティティが ACS により予約されているかどうかを指定します。予約済みエンティティは削除または編集できません。

Version

Binary

True

このプロパティには、ACS によって自動的に設定されるタイム スタンプが含まれます。

参照

表示:
© 2014 Microsoft