エクスポート (0) 印刷
すべて展開

RelyingPartyAddress

発行: 2011年4月

更新日: 2011年5月

適用対象: Windows Azure

このトピックでは、Windows Azure AppFabric アクセス制御サービス (ACS) 管理サービスの RelyingPartyAddress エンティティのプロパティについての説明と有効な値を示します。

RelyingPartyAddress のプロパティ

 

プロパティ名 NULL 値の使用 説明

Id

Int64

False

証明書利用者アプリケーションのアドレスの一意識別子を指定します。この値は ACS によって自動的に設定されます。

RelyingPartyId

Int64

False

ACS がトークンを発行する証明書利用者アプリケーションの一意識別子を指定します。

EndpointType

String

True

このプロパティは少数の有効な値に設定できるだけです。詳細については、「EndpointType プロパティの有効な値」を参照してください。

Address

String

True

証明書利用者アプリケーションのアドレスの値を指定します。

SystemReserved

Boolean

False

RelyingPartyAddress エンティティが ACS によって予約されているかどうかを指定します。予約済みエンティティは削除または編集できません。

Version

Binary

True

このプロパティには、ACS によって自動的に設定されるタイム スタンプが含まれます。

EndpointType プロパティの有効な値

次の表に、ACS 管理サービスの RelyingPartyAddress エンティティの TokenType プロパティについての有効な値をすべて示します。

noteメモ
すべてのプロパティ値では大文字と小文字が区別されます。

 

説明

Realm

証明書利用者アドレスが、ACS によって発行されたトークンが適用される領域である領域 URI であることを指定します。詳細については、「証明書利用者アプリケーション」を参照してください。

Reply

証明書利用者アドレスが、ACS によって発行されたトークンが送信される戻り URL であることを指定します。詳細については、「証明書利用者アプリケーション」を参照してください。

Error

証明書利用者アドレスが、エラーの発生時に ACS が JSON でエンコードされたエラー情報を送信するエラー URL であることを指定します。詳細については、「証明書利用者アプリケーション」を参照してください。

参照

表示:
© 2014 Microsoft