エクスポート (0) 印刷
すべて展開

キャッシュを管理する (Azure Shared Caching)

更新日: 2014年9月

Important重要
Azure 共有キャッシュおよび Azure Silverlight ベースのポータルの提供は 2014 年 9 月 1 日に終了しますのでご注意ください。共有キャッシュの提供終了後、残された共有キャッシュ展開は削除されます。マイクロソフトでは、できるだけ早い時点で既存の共有キャッシュを マネージ キャッシュ サービス (すでに公開済み) か、新しい Azure Redis キャッシュ (現在プレビュー段階) のいずれかに移行することを強くお勧めします。コード変更なしの移行を含む、移行に関するガイダンスは、「Shared Caching から移行する」をご覧ください。詳細情報 現在利用可能な Azure キャッシュについては、「Azure Cache」をご覧ください。

Azure 管理ポータルを使用すると、Microsoft Azure Shared Cachingのキャッシュを管理できます。このトピックでは、Shared Cachingに関連する一般的な管理タスクについて説明します。

noteメモ
最新の では、Shared Caching のキャッシュの作成または管理はサポートされていません。以前のポータルに戻す必要があります。

キャッシュを作成および管理するには、の [キャッシュ] セクションに移動する必要があります。

  1. 管理ポータルのメイン ページで、左側のウィンドウの下部にある [Service Bus、アクセス制御、および Caching] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで [サービス] を展開し、[キャッシュ] をクリックします。

メイン ウィンドウで、キャッシュの作成と管理を行うことができます。既存のキャッシュを選択した場合は、右側の [プロパティ] ウィンドウでキャッシュの詳細を確認できます。これらのプロパティには、任意の .NET アプリケーションからキャッシュに接続して使用するために使用できる情報が含まれています。

さらに、ツール バーには、キャッシュを操作するその他の方法が用意されています。[クライアント構成の表示] ボタンは、アプリケーション構成ファイルまたは web.config ファイルでキャッシュを構成するために使用できる XML を表示します。[キャッシュ サイズの変更] ボタンを使用すると、キャッシュ サイズを変更できます。詳細については、キャッシュ サイズに関する次のセクションを参照してください。

Caution注意
キャッシュ サイズは 1 日に 1 回だけ変更できます。

キャッシュを作成するか、そのサイズを変更する場合、キャッシュ サイズを次のいずれかの値に設定できます。

  • 128 MB

  • 256 MB

  • 512 MB

  • 1 GB

  • 2 GB

  • 4 GB

これは、キャッシュに使用できるメモリの最大量です。ただし、オブジェクトはキャッシュに配置される前にシリアル化されることを理解しておくことが重要です。シリアル化されたオブジェクトには型情報やその他のメタデータも含まれるので、常に生データよりも大きくなります。現在、キャッシュに使用されるメモリの容量は、キャッシュ内のシリアル化されたオブジェクトのサイズを 1 KB 単位で丸められて計算されます。

各キャッシュ サイズには、必要なネットワーク リソースの種類が想定されています。サイズの大きいキャッシュでは、キャッシュでのオブジェクトの入出力が多くなるので、これを処理するためにより多くの帯域幅が必要になります。メモリおよびネットワークのクォータの詳細については、「Azure Shared Caching でのクォータについて」を参照してください。

には、Shared Cachingを監視するためのキャッシュ プロパティがいくつかあります。

  • 現在のサイズ

  • ピーク サイズ (今月)

  • ピーク サイズ (昨年)

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft