エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法: キャッシュを作成する (Azure Shared Caching)

更新日: 2014年6月

Important重要
Azure 共有キャッシュおよび Azure Silverlight ベースのポータルの提供は 2014 年 9 月 1 日に終了しますのでご注意ください。共有キャッシュの提供終了後、残された共有キャッシュ展開は削除されます。マイクロソフトでは、できるだけ早い時点で既存の共有キャッシュを キャッシュ サービス (すでに公開済み) か、新しい Azure Redis キャッシュ (現在プレビュー段階) のいずれかに移行することを強くお勧めします。コード変更なしの移行を含む、移行に関するガイダンスは、「Shared Caching から移行する」をご覧ください。詳細情報 現在利用可能な Azure キャッシュについては、「Azure Cache」をご覧ください。

ここでは、新しい Microsoft Azure Cacheを作成する方法について説明します。Microsoft Azure では、すべてのキャッシュ管理タスクは Azure 管理ポータルで実行されます。これらの手順は、Shared Caching に固有のものです。

note
最新の Microsoft Azure (Preview) の管理ポータル では、Shared Caching のキャッシュの作成または管理はサポートされていません。以前のポータルに戻す必要があります。

新しいキャッシュを作成するには

  1. 管理ポータルに移動します。

  2. Windows Live ID を使用して Web サイトにログオンします。Windows Live ID がない場合は、[新規登録] をクリックして Live ID を作成します。

  3. Live ID を使用してサインインすると、Management Portalページにリダイレクトされます。このページの左下にある [Service Bus、アクセス制御、および Caching] をクリックします。

  4. 左側のウィンドウで [サービス] を展開し、[キャッシュ] をクリックします。

  5. ツール バーの [新しい名前空間] ボタンをクリックします。

  6. [新しいサービス名前空間の作成] ダイアログで、[利用可能サービス] の下の [キャッシュ] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  7. 提案された名前空間を [サービス名前空間の選択] ボックスに入力し、[使用できる ID か確認] をクリックします。

    Tipヒント
    Caching 名前空間は 5 ~ 44 文字の長さにする必要があります。名前は文字で始まり、文字と数字のみを含むことができます。

  8. "使用可能" というメッセージがテキスト ボックスの下に表示される場合、名前空間の名前は使用可能であり、続行することができます。

  9. [国/地域] の一覧で対象の地域を選択します。

  10. [サブスクリプションの選択] 一覧から対象のサブスクリプションを選択します。

  11. [キャッシュ サイズ] 一覧でキャッシュ サイズを選択します。

    Important重要
    適切なキャッシュ サイズの決定について詳しくは、「キャッシュを管理する (Azure Shared Caching)」、「Azure Shared Caching でのクォータについて」、およびホワイトペーパー「Azure Caching Capacity Planning Guide」を参照してください。

  12. 名前空間および関連キャッシュを作成するには、[名前空間の作成] ボタンをクリックします。

  13. 詳細ウィンドウで、キャッシュの使用準備が整うと [状態] に [アクティブ] と表示されます。

    note
    キャッシュの状態は、[アクティブ] に変わる前に 5 ~ 15 分間 [アクティベート中] になることがあります。

参照

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft