エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法: Windows Phone Emulator でコピーと貼り付けをテストする

2012/02/09

Windows Phone エミュレーターではコピーと貼り付けをサポートしています。エミュレーターを使用してアプリケーションのコピーと貼り付けをテストできます。

この手順を完了するには、Windows Phone SDK をインストールしている必要があります。詳細については、「Windows Phone SDK のインストール」を参照してください。

この手順は、コントロールを追加できるページが含まれる Windows Phone アプリケーションがあるという前提で説明します。

アプリケーションにコントロールを追加するには

  • ページの XAML ファイルで、次のコードを追加します。

    <TextBox Height="72" Margin="12,70,0,0" Name="textBox1" Text="Hello World" VerticalAlignment="Top" />
    <TextBox Height="72" Margin="12,203,0,0" Name="textBox2" Text="" VerticalAlignment="Top" />
    

エミュレーターでアプリケーションを実行するには

  1. 標準のツール バー上で、アプリケーションの配置対象を ([Windows Phone デバイス] ではなく) [Windows Phone エミュレーター] に設定します。

    エミュレーターを選択している標準ツールバー上のターゲット

  2. [デバッグ] メニューの [デバッグなしで開始] をクリックします。

    エミュレーターが開いた後に、アプリケーションが起動します。

アプリケーションのコピーと貼り付け機能をテストするには

  1. Hello World が入ったテキスト ボックスをクリックします。

    スクリーン キーボードが表示されます。

  2. マウスを使用して単語 Hello をクリックします。

    単語 Hello が選択され、コピー アイコンが表示されます。

    コピー アイコン

  3. ドラッグ ハンドルをクリックし、選択範囲を拡げて単語 World を含めます。

  4. コピー アイコンをクリックします。

    スクリーン キーボードの上部に貼り付けアイコンが表示されます。

    貼り付けアイコン

  5. テキスト ボックスの外側をクリックしてスクリーン キーボードを閉じます。

  6. 2 番目のテキスト ボックス内をクリックします。

    上部に貼り付けアイコンがあるスクリーン キーボードが表示されます。

  7. 貼り付けアイコンをクリックします。

    2 番目のテキスト ボックスに Hello World が貼り付けられます。

表示:
© 2014 Microsoft