エクスポート (0) 印刷
すべて展開

VM ロール サービス モデルの作成と配置

更新日: 2011年4月

[Windows Azure の VM ロール機能は 2013 年 5 月 15 日に廃止されます。 廃止日以降、VM ロール展開環境は削除されます。 既存のアプリケーションと共に移行するには、Windows Azure 仮想マシンを使用することができます。 アプリケーションでの仮想マシンの使用方法の詳細については、「Moving from VM Role to Windows Azure Virtual Machines (VM ロールから Windows Azure 仮想マシンへの移行)」を参照してください。

VM ロールは他のロールと同様に、Windows Azure でクラウド サービスに含めるためにサービス定義ファイルとサービス構成ファイルを必要とします。VM ロールのインスタンスを作成するには、Windows Azure にサービス モデル パッケージを配置する必要があります。サービス モデル ファイルの作成の詳細については、「クラウド サービス (ホステッド サービス)」を参照してください。

VM ロールのサービス定義ファイルで使用される要素の詳細については、「VirtualMachineRole Schema」を参照してください。VM ロールのサービス構成ファイルで使用される要素の詳細については、「Service Configuration Schema」を参照してください。

このタスクを実行する前に、「Windows Azure への VHD のアップロード」を完了しておく必要があります。

サービス モデル ファイルの作成には、任意のテキスト エディターを使用できます。ServiceDefinition.csdef ファイルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. メモ帳などのテキスト エディターを開きます。

  2. .csdef ファイルには ServiceDefinition 要素が含まれている必要があります。この要素の定義のコード例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceDefinition name="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
    </ServiceDefinition>
    
    
  3. VirtualMachineRole 要素を ServiceDefinition 要素に追加する必要があります。VirtualMachineRole 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceDefinition name="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
       <VirtualMachineRole name="MyVMRole" vmsize="Small">
       </VirtualMachineRole>
    </ServiceDefinition>
    
    

    ここで、name は管理ポータルに表示される VM ロールの名前です。vmsize は Windows Azure が VM ロール インスタンスに割り当てるサイズです。vmsize 属性は省略可能です。サイズを指定しないと、既定のサイズの S が使用されます。vmsize 属性を指定する場合、指定するサイズはベース VHD に選択したサイズに対応する必要があります。Windows Azure で使用できる VHD のサイズを次の表に示します。

    Important重要
    ダイナミック ディスクの場合、表に示したサイズは、追加の領域が必要な場合に VHD を増大できる最大サイズです。

     

    Windows Azure VM サイズ マウントされた VHD の最大サイズ

    XS

    15 GB

    S

    35 GB

    M、L、または XL

    65 GB

  4. (省略可能) 診断、リモート デスクトップ接続、または Windows Azure Connect のモジュールをインポートします。Import 要素を使用して Imports 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceDefinition name="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
       <VirtualMachineRole name="MyVMRole" vmsize="Small">
       <Imports>
          <Import moduleName="Diagnostics" />
          <Import moduleName="RemoteAccess" />
          <Import moduleName="RemoteForwarder" />
          <Import moduleName="Connect" />
       </Imports>
       </VirtualMachineRole>
    </ServiceDefinition>
    
    

    これらのモジュールの使用の詳細については、以下を参照してください。

  5. アプリケーションに必要なエンドポイントを追加します。ポート 8080 で http プロトコルに対して InputEndpoint を定義して Endpoints 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceDefinition name="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
       <VirtualMachineRole name="MyVMRole" vmsize="Small">
          <Imports>
             <Import moduleName="Diagnostics" />
             <Import moduleName="RemoteAccess" />
             <Import moduleName="RemoteForwarder" />
             <Import moduleName="Connect" />
          </Imports>
          <Endpoints>
             <InputEndpoint name="Endpoint1" protocol="http" port="8080" localPort="8080" />
          </Endpoints>
       </VirtualMachineRole>
    </ServiceDefinition>
    
  6. アプリケーションのルート フォルダーに ServiceDefinition.csdef としてファイルを保存します。

  1. メモ帳などのテキスト エディターを開きます。

  2. .cscfg ファイルには、1 つの ServiceConfiguration 要素を含める必要があります。この要素の定義のコード例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
    </ServiceConfiguration>
    
  3. Role 要素を ServiceConfiguration 要素に追加する必要があります。Role 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    
    Important重要
    name 属性の値は、サービス定義ファイルで定義された VirtualMachineRole 要素に定義された名前と一致する必要があります。

  4. VM ロールに必要なインスタンス数を定義します。Instances 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    

    アプリケーションの可用性を確保するために、数値は少なくとも 2 に設定する必要があります。

  5. VM ロール インスタンスの初期化に使用する VHD ファイルを指定します。ベース VHD も差分 VHD も指定できます。OsImage 要素を追加する例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
          <OsImage href="base.vhd" />
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    

    ベース VHD の作成の詳細については、「Windows Azure での VM ロールのサーバー イメージの作成」を参照してください。差分 VHD の使い方の詳細については、「Windows Azure での VM ロールのサーバー イメージの変更」を参照してください。

  6. (省略可能) サービス定義ファイルに Diagnostics モジュールを追加した場合は、モジュールの構成設定を定義します。Diagnostics モジュールの構成設定の例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
          <OsImage href="base.vhd" />
          <ConfigurationSettings>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString"
                value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=AccountName;AccountKey=AccountKey" />
          </ConfigurationSettings>
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    
  7. (省略可能) RemoteAccess モジュールと RemoteForwarder モジュールを追加した場合は、モジュールの構成設定を定義します。RemoteAccess モジュールと RemoteForwarder モジュールの構成設定の例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
          <OsImage href="base.vhd" />
          <ConfigurationSettings>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString"
                value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=AccountName;AccountKey=AccountKey" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.Enabled" value="true" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountUsername" 
                value="UserAccountName" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountEncryptedPassword" 
                value="EncryptedPassword" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountExpiration" 
                value="ExpirationDate" /> 
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteForwarder.Enabled" value="true" />
          </ConfigurationSettings>
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    

    AccountUserName は、VM ロール インスタンスの作成時に作成されたユーザー アカウントの名前です。AccountEncryptedPassword は、作成されたユーザー アカウントの暗号化されたパスワードです。AccountExpiration は、ユーザー アカウントの有効期限が切れる日付です。リモート デスクトップ接続の構成の詳細については、「Windows Azure ロールのリモート デスクトップ接続をセットアップする」を参照してください。

  8. (省略可能) Connect モジュールを追加した場合は、モジュールの構成設定を定義します。Connect モジュールの構成設定の例を次に示します。

    
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
          <OsImage href="base.vhd" />
          <ConfigurationSettings>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString"
                value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=AccountName;AccountKey=AccountKey" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.Enabled" value="true" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountUsername" 
                value="UserAccountName" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountEncryptedPassword" 
                value="EncryptedPassword" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountExpiration" 
                value="ExpirationDate" /> 
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteForwarder.Enabled" value="true" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.ActivationToken" 
                value="ActivationToken"/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Refresh" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Diagnostics" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.WaitForConnectivity" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.EnableDomainJoin" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainFQDN" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainControllerFQDN" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainAccountName" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainPassword" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainOU" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DNSServers" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Administrators" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainSiteName" value=""/>
          </ConfigurationSettings>
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    

    ActivationToken は、管理ポータルから取得したトークンです。その他の必須の設定および省略可能な設定は、ロール インスタンスをドメインに含めるために使用します。Windows Azure Connect の VM ロールの構成の詳細については、「VM ロールに対する Windows Azure Connect の有効化」を参照してください。

  9. クラウド サービスで使用される証明書の構成情報を追加します。リモート アクセスの証明書を追加する例を次に示します。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="2" />
          <OsImage href="base.vhd" />
          <ConfigurationSettings>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString"
                value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=AccountName;AccountKey=AccountKey" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.Enabled" value="true" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountUsername" 
                value="UserAccountName" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountEncryptedPassword" 
                value="EncryptedPassword" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountExpiration" 
                value="ExpirationDate" /> 
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteForwarder.Enabled" value="true" />
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.ActivationToken" 
                value="ActivationToken"/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Refresh" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Diagnostics" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.WaitForConnectivity" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.EnableDomainJoin" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainFQDN" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainControllerFQDN" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainAccountName" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainPassword" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainOU" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DNSServers" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Administrators" value=""/>
             <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainSiteName" value=""/>
          </ConfigurationSettings>
          <Certificates>
             <Certificate name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.PasswordEncryption" 
                thumbprint="CertificateThumbprint" thumbprintAlgorithm="sha1" />
          </Certificates>
       </Role>
       
    
    </ServiceConfiguration>
    

    VM ロールでの証明書の作成と使用方法の詳細については、「Windows Azure の VM ロールでの証明書の使用」を参照してください。

  10. アプリケーションのルート フォルダーに ServiceConfiguration.cscfg としてファイルを保存します。

note
このセクションの手順を完了するには、Windows Azure Tools for Visual Studio 2010 をインストールする必要があります。ツールをダウンロードするには、Windows Azure のダウンロード ページにアクセスしてください。

  1. Visual Studio 2010 を管理者として開きます。

  2. Windows Azure プロジェクト テンプレートを使用して新しいプロジェクトを作成します。

  3. プロジェクトの名前を指定し、ロール テンプレートを選択せずにウィザードを進めます。これにより、サービス定義ファイルとサービス構成ファイルのみを格納したプロジェクトが作成されます。

  4. VM ロール要素を追加するには、[ロール] を右クリックし、[追加][新しい仮想マシン ロールの追加] の順にクリックします。

  5. VM ロールに使用する資格情報として、証明書サムプリントとサブスクリプション識別子を入力する必要があります。この情報は、管理ポータルの [プロパティ] ウィンドウに表示されます。

  6. 資格情報を入力したら、前にアップロードしたベース VHD を選択します。

    プロセスのこの時点では、サービス定義は VM ロールに関する次の情報を含んでいます。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceDefinition name="MyServiceName"
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
       <VirtualMachineRole name="VMRole1" />
    </ServiceDefinition>
    
    

    また、サービス構成は次の情報を含んでいます。

      
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="MyServiceName" 
       xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
       <Role name="MyVMRole">
          <Instances count="1" />
       </Role>
    </ServiceConfiguration>
    
    
  7. インスタンス数が少なくとも 2 に設定されていること、正しい VM サイズが選択されていることを確認します。このためには、次の操作を行います。

    1. ソリューション エクスプローラーで、ロール ノードを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    2. [構成] ページで [インスタンス数] を 2 に変更し、[VM サイズ] を選択します。Windows Azure で使用できる VHD のサイズを次の表に示します。

      Important重要
      ダイナミック ディスクの場合、表に示したサイズは、追加の領域が必要な場合に VHD を増大できる最大サイズです。

       

      Windows Azure VM サイズ マウントされた VHD の最大サイズ

      XS

      15 GB

      S

      35 GB

      M、L、または XL

      65 GB

  8. (省略可能) 診断を有効にします。実行中のロール インスタンスに関連する診断データを収集できます。

    1. ソリューション エクスプローラーで、ロール ノードを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    2. [構成] ページの [診断を有効にする] を選択します。

      診断データ収集を有効にする場合、ストレージ アカウントの資格情報を入力する必要があります。既定では、ローカル ストレージ アカウントが使用されますが、Windows Azure に配置する場合、Windows Azure ストレージ アカウントの設定を定義する必要があります。

  9. ロール インスタンスとの通信のための入力エンドポイントを追加します。これを行うには、[エンドポイント] ページで [エンドポイントの追加] をクリックし、エンドポイントの名前を入力し、種類とプロトコルを選択してから、ポート番号を指定します。

  10. (省略可能) ロール インスタンスに対して Windows Azure Connect を有効にします。

    • ソリューション エクスプローラーで、ロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    • プロパティ シートで [仮想ネットワーク] タブをクリックします。

    • [Windows Azure Connect のアクティブ化] チェック ボックスをオンにして、ライセンス認証トークンをテキスト ボックスに貼り付けます。

      Connect モジュールをインポートするためにサービス定義ファイルに次の行が追加されます。

      <Import moduleName="Connect" />
      
      さらに、サービス構成ファイルに次の情報が追加されます。

      
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.ActivationToken" value="ActivationToken"/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Refresh" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Diagnostics" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.WaitForConnectivity" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.EnableDomainJoin" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainFQDN" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainControllerFQDN" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainAccountName" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainPassword" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainOU" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DNSServers" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.Administrators" value=""/>
      <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Connect.DomainSiteName" value=""/>
      
      ドメインに参加していない接続に必要な設定値は ActivationToken のみです。VM ロール インスタンスをドメインに含める場合は、残りの設定で必須の値および省略可能な値を指定する必要があります。

  11. (省略可能) パッケージを公開し、さらにリモート デスクトップ接続を構成します。プロジェクトを右クリックして [公開] をクリックし、[リモート デスクトップ接続を構成する] をクリックします。

    1. [すべてのロールの接続を有効にする] を選択します。

    2. クラウド サービスに追加した証明書を選択します。

    3. リモート デスクトップ接続に使用するアカウントの名前とパスワードを入力します。

      サービス定義は次のようになります。

      
      <ServiceDefinition name="MyVMRole" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">
         <VirtualMachineRole name="VMRole1" vmsize="Medium">
            <Imports>
               <Import moduleName="Diagnostics" />
               <Import moduleName="RemoteAccess" />
               <Import moduleName="RemoteForwarder" />
            </Imports>
            <Endpoints>
               <InputEndpoint name="Endpoint1" protocol="http" port="80" />
            </Endpoints>
         </VirtualMachineRole>
      </ServiceDefinition>
      
      
      また、サービス構成は次のようになります。

      
      <ServiceConfiguration serviceName="MyVMRole" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration">
         <Role name="VMRole1">
            <Instances count="2" />
            <OsImage href="base.vhd" />
            <ConfigurationSettings>
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString" 
                        value=" DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=AccountName;AccountNumber=AcountNumber" />
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.Enabled" value="true" />
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountUsername" 
                        value="AccountName" />
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountEncryptedPassword" 
                        value="EncryptedPassword" />
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.AccountExpiration" 
                        value="ExpirationDate" />
               <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteForwarder.Enabled" value="true" />
            </ConfigurationSettings>
            <Certificates>
               <Certificate name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.RemoteAccess.PasswordEncryption" 
                            thumbprint="CertThumbprint" thumbprintAlgorithm="sha1" />
            </Certificates>
         </Role>
      </ServiceConfiguration>
      
      
      note
      Windows Azure にパッケージを配置し、診断が有効になっている場合は、診断接続文字列に Windows ストレージ アカウントの有効な資格情報が使用されていることを確認する必要があります。

  12. [OK] をクリックします。VM ロール インスタンスが開始されると、ポータルで状態が "準備完了" に変わります。

CSPack コマンド ライン ツールを使用して VM ロール アプリケーションのサービス モデルをパッケージ化し、管理ポータルを使用してそのパッケージを配置できます。さらに、Visual Studio 2010 を使用してアプリケーションをパッケージ化し、配置することもできます。このセクションの手順を開始する前に、Windows Azure にクラウド サービスおよびストレージ アカウントが作成されている必要があります。

VM ロールを格納するアプリケーションを Windows Azure に配置するには、まず VHD をアップロードしてから、サービス定義ファイルとサービス構成ファイルで構成されるサービス モデルをパッケージ化して配置する必要があります。サービス モデル ファイルをパッケージ化するには、CSPack コマンド ライン ツールを使用します。サービス モデル パッケージを作成したら、Windows Azure 管理ポータルを使用して、そのパッケージを Windows Azure に配置します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Windows Azure SDK] をクリックします。

  2. [Windows Azure SDK コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

  3. Windows Azure SDK コマンド プロンプト ウィンドウで、ディレクトリをアプリケーション ファイルが存在する場所に変更します。

  4. 次のコマンドを入力します。

    cspack ServiceDefinition.csdef
    

    ここで、ServiceDefinition は ServiceDefinition.csdef ファイルの名前です。

  1. 管理ポータルを開きます。

  2. クラウド サービスがまだない場合は、新しいクラウド サービスを作成します。

  3. アプリケーションは、ステージング配置環境または運用配置環境に配置できます。中央のウィンドウでクラウド サービスをクリックし、[新規ステージング環境のデプロイ]、または [新規運用環境のデプロイ] をクリックします。

  4. [新しいデプロイの作成] ページで、新しい配置の名前の入力、前に作成したパッケージ ファイルの参照および選択、サービス モデルの構成ファイルの参照および選択を行い、[OK] をクリックします。

VM ロールを格納するアプリケーションを Windows Azure に配置するには、まず VHD をアップロードしてから、サービス定義ファイルとサービス構成ファイルで構成されるサービス モデルをパッケージ化して配置する必要があります。サービス モデルは、Visual Studio 2010 から公開できます。

  1. 管理者として Visual Studio 2010 を開き、前に作成した Windows Azure プロジェクトを開きます。

  2. ソリューション エクスプローラーで VM ロール プロジェクトを右クリックし、[公開] をクリックします。

  3. [Windows Azure プロジェクトの配置] ダイアログ ボックスで、[資格情報] ボックスの一覧をクリックし、[<追加…>] をクリックして新しい資格情報を追加します。[Windows Azure プロジェクト管理認証] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    1. 作成して Windows Azure に追加した管理証明書を選択します。

    2. サブスクリプション ID を入力します。この値は、管理ポータルの [プロパティ] ウィンドウからコピーして貼り付けることができます。

    3. 資格情報の識別に使用する名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. Windows Azure で資格情報が検証されたら、[配置先となる配置環境] を選択します。

  5. 配置に使用するストレージ アカウントを選択します。

  6. 管理ポータルで配置を識別する名前を入力します。

  7. [OK] をクリックします。

参照

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft