エクスポート (0) 印刷
すべて展開

コマンド ラインからコンピューティング エミュレーターでアプリケーションを実行する

更新日: 2013年11月

コマンド ラインから Windows Azure コンピューティング エミュレーターで Windows Azure アプリケーションを実行するには、まず CSPack コマンド ライン ツールを使用して適切な形式でアプリケーション パッケージを作成し、次に CSRun コマンド ライン ツールを使用して、コンピューティング エミュレーターでアプリケーションを開始する必要があります。

CSPack コマンド ライン ツールによるアプリケーション パッケージの作成

Windows Azure にクラウド サービスとしてアプリケーションをデプロイするには、まず、適切な形式でアプリケーション パッケージを作成する必要があります。パッケージ ファイルは、CSPack を使用して作成します。アプリケーション パッケージの作成方法の詳細については、「Windows Azure アプリケーションのパッケージ化」を参照してください。

CSPack コマンド ライン ツールによるアプリケーションの実行

コンピューティング エミュレーターでアプリケーションを実行するには、CSRun コマンド ライン ツールを使用します。CSRun は、コンピューティング エミュレーターがまだ実行中でない場合は、開始します。コンピューティング エミュレーターを開始すると、通知領域にアイコンが表示されます。このアイコンを右クリックすると、コンピューティング エミュレーターおよび Windows Azure ストレージ エミュレーターの操作画面の表示や、これらのサービスの開始または停止ができます。CSRun コマンド ライン ツールは管理者特権で実行する必要があります。高度な特権のコマンド プロンプトからツールを実行しなかった場合、ユーザー アクセス制御 (UAC) の 2 種類の画面がコンピューティング エミュレーターを起動するたびに表示されます。

コンピューティング エミュレーターで追加のアプリケーションを実行するには、CSRun コマンド ライン ツールを再度実行します。実行中のアプリケーションの各インスタンスは、操作画面ではクラウド サービスとして表示されます。コンピューティング エミュレーターの操作画面は、アプリケーションの追加インスタンスの実行をサポートしません。クラウド サービスの構成を更新するには、/update オプションおよび新しい構成ファイルのパスを指定してツールを実行します。

Windows Azure SDK for .NET - 2011 年 11 月版から、既定のインストール場所は C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows Azure\Emulator です。

Windows Azure SDK Version 1.5 の場合、既定のインストール場所は C:\Program Files\Windows Azure Emulator\emulator です。

Windows Azure SDK Version 1.4 およびそれ以前の場合、既定のインストール場所は C:\Program Files\Windows Azure Emulator\emulator です。

アプリケーションを実行するには

  1. Click Start, point to All Programs, and then click Windows Azure SDK.

  2. Right-click Windows Azure SDK Command Prompt, and then click Run as administrator.

  3. Windows Azure SDK コマンド プロンプト ウィンドウで、ディレクトリをアプリケーション ファイルが存在する場所に変更します。

  4. ウィンドウで次のコマンドを入力します。

    csrun <ApplicationName>.csx <ApplicationName>\ServiceConfiguration.local.cscfg /launchbrowser /useiisexpress
    
    Tipヒント
    HTTP エンドポイントを含まないアプリケーションをデプロイする場合は、/launchbrowser パラメーターを削除します。完全な IIS を使用する場合は、/useiisexpress パラメーターを削除します。

参照

表示:
© 2014 Microsoft