エクスポート (0) 印刷
すべて展開

VM ロールのサーバー イメージの開発の開始

更新日: 2011年3月

[このトピックでは、Windows Azure VM ロール機能のベータ リリースの暫定版コンテンツを提供します。 ベータ版に参加するには、管理ポータルにログオンして、[ホーム][ベータ プログラム] の順にクリックします。]

Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムのイメージは、Windows Azure の VM ロールに必要です。 サーバー イメージの作成および構成には、さまざまなツールと手順を使用します。 次の表に示すタスクを実行することで、Windows Azure にアップロードされるサーバー イメージの作成を開始できます。

 

  ステップ 参照
チェック ボックス

必須の前提条件が満たされていることを確認します。

Windows Azure VM ロールの概要

チェック ボックス

ベース VHD の作成 - 標準の Windows イメージの作成方法を使用して、Windows Server 2008 R2 のカスタム イメージを作成できます。このイメージはベース VHD で Windows Azure にアップロードされます。 Hyper-V マネージャーを使用してベース VHD を作成できます。 この手順を実行するには、Microsoft Windows Server 2008 R2 メディアまたは前に作成した VHD を使用できる必要があります。 Windows イメージの作成プロセスの詳細については、「Windows 自動インストール キット (このページは英語の場合があります)」(Windows AIK) を参照してください。

Windows Azure での VM ロールのベース VHD の作成方法

チェック ボックス

Windows Azure 統合コンポーネントのインストール - Windows Azure にベース VHD をアップロードすると、Windows Azure 統合コンポーネントが、VM ロール インスタンスと Windows Azure 環境の統合を処理します。 これらのコンポーネントは、仮想マシンが起動するたびに自動的に開始されます。

Windows Azure 統合コンポーネントのインストール方法

チェック ボックス

アプリケーションのインストールとオペレーティング システムの構成変更 - アプリケーションをインストールし、ニーズに合わせてオペレーティング システムを構成することができます。

Windows Server TechCenter

チェック ボックス

(省略可能) アダプターの開発 - カスタム サーバー イメージを開発してアップロードする場合、ソフトウェア アプリケーションをインストールし、Windows Azure の動的環境で実行するように構成します。 多くの場合、アプリケーションの構成情報を指定する必要があります。この情報は開発時には利用できないため、実行時に収集する必要があります。 動的環境用にアプリケーションを構成するには、Windows Azure と対話し、アプリケーションを準備して実行するアダプターを作成する方法をお勧めします。

Windows Azure の VM ロールのアダプターの開発方法

チェック ボックス

ファイアウォールの構成 - サーバー イメージの準備プロセスの一環として、Windows Azure の VM ロール インスタンスでアプリケーションを実行した後に、アプリケーションに必要な任意のポートを開くように、Windows ファイアウォールを構成します。 ホステッド サービスでは固定したローカル ポートを使用することをお勧めします。 Web、ワーカー、VM のどのロールに対して定義したエンドポイントにもポート番号を指定できます。

ファイアウォールは次の方法のいずれでも構成できます。

Windows ファイアウォール (このページは英語の場合があります)

ロール通信の概要

チェック ボックス

アップロードするサーバー イメージの準備 - 前の手順を実行したら、sysprep.exe を実行して、アップロードするサーバー イメージを準備します。 この準備により、サーバー イメージは一般化されます。これにより、複製するオペレーティング システム イメージが準備されるので、サーバー イメージは Windows Azure で 1 つまたは複数の VM ロール インスタンスにデプロイできます。 Sysprep との互換性に関する情報については、ソフトウェア アプリケーションのドキュメントを参照してください。

Windows Azure にアップロードするサーバー イメージの準備方法

チェック ボックス

セキュア フォルダーにベース VHD を保存します。

サーバー イメージを作成、カスタマイズ、および準備したら、イメージのベース VHD を Windows Azure にアップロードします。 この手順については、「Windows Azure での VM ロールの VHD のアップロード」を参照してください。

参照

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft