エクスポート (0) 印刷
すべて展開

WebPICmd コマンド ライン ツールを使用する

更新日: 2013年11月

WebPICmdLine コマンド ライン ツール (WebPICmdLine.exe) を使用して、Windows Azure Web ロールのアプリケーションとサービスのインストールを自動化することができます。WebPICmdLine は、Microsoft Web Platform Installer のコマンド ライン フロントエンドです。WebPICmdLine をダウンロードするには、Microsoft Web Platform Installer 3.0をダウンロードしてください。

WebPICmdLine [options]

Windows Azure の Web PI コマンド ライン ツールを使うときは、使用できるパラメーター オプションがいくつかあります。WebPICmdline を呼び出すたびに、次の表に示すオプションの 1 つを指定する必要があります。

 

オプション 説明

/Applications:<ApplicationTitle または AppID>[@AppParameterFile.app]

インストールするアプリケーションを指定します。このパラメーターは必須であり、アプリケーション名または製品 ID を使用できます。

  • ApplicationTitle – インストールするアプリケーションの名前を指定します。

  • ApplicationID – インストールするアプリケーションの ID を指定します。

コンマで区切って複数のアプリケーションを指定することもできます。AppParameterFile.app は、アプリケーションの構成情報を含むオプションのファイルです。

/Applications オプションでは、インストールするアプリケーションと、そのインストール パラメーターを指定する applications@app-parameter-file という形式のペアのリストを指定できます。

note
WebPICmdLine は、/Application オプションの一部として指定されていない場合でも、アプリケーションの依存関係を判断してインストールします。

/List:[Installed|All|Available|Feeds|Languages]

Windows Azure のインストールでは使用されません。

/Products:<ProductTitle または ProductID または ALL>

インストールする製品を指定します。

  • ProductTitle – インストールする製品の名前を指定します。

  • ProductID – インストールする製品の ID を指定します。

  • All – サポートされているプラットフォーム製品をすべてインストールすることを指定します。

note
WebPICmdLine は、/Products オプションのパラメーターの一部として指定されていない場合でも、製品の依存関係を判断してインストールします。

次の表は、必須パラメーターと組み合わせて追加の機能を提供するパラメーターの一覧です。

 

オプション 説明

/XML:<FilePath>

インストールに使用できる製品とアプリケーションの一覧を取得するときに使用できる Web PI XML ファイルへのパスを指定します。このパラメーターを指定しない場合、次の Microsoft Web サイトにある Web PI XML ファイルが使用されます: Web Platform Installer 3.0 のフィード

<FilePath> パラメーターには絶対パスまたは URL を指定できます。

/Feeds: <カスタム フィードの UR>

インストールに使用できるアプリケーションと製品のカスタム フィード場所を指定します。このパラメーターは、Microsoft がサポートするフィードの場所とカスタム フィードの場所を含むコンマ区切りリストです。

/Feeds パラメーターは、次のオプションと組み合わせることができます。

  • /Products: All - /Feeds パラメーターと共に指定した場合、このパラメーターは、フィードからすべての製品をインストールし、必要に応じて productList.xml から依存関係を取得します。

/Language:<インストーラーの言語>

製品とアプリケーションでインストールする言語を指定します。

note
/Products または /Applications オプションと同時に使用すると、製品またはアプリケーションの依存関係が指定された言語において利用できない場合、WebPICmdLine は可能であれば英語バージョンをインストールします。

/Log:<LogPath>

ログ ファイルを格納する場所を指定します。既定では、WebPICmdLine は、コマンド ラインには短いメッセージを出力し、詳細なログ ファイルを作成します。

このオプションが指定されない場合、ログ ファイルはツールが実行された場所に保存されます。ログ ファイルは日時をファイル名として作成されます。

/SQLPassword:<password>

Microsoft SQL Server 2008 R2 Express をインストールするときに設定し、SQL Server Express をインストールするときにだけ使用されるシステム管理者のパスワードを指定します。パラメーターが指定されておらず、SQL Server Express がインストール中であることを WebPICmdLine が検出すると (別の製品の依存関係として、または明示的に /Products パラメーターの入力として)、システム管理者のパスワードの入力が求められます。

/MySQLPassword:<password>

MySQL ソフトウェアをインストールするときに設定するルート パスワードを指定します。パラメーターが指定されておらず、MySQL ソフトウェアがインストール中であることを WebPICmdLine が検出すると (別の製品の依存関係として、または明示的に /Products パラメーターの入力として)、ルートのパスワードの入力が求められます。

/accepteula

インストールする製品の使用許諾契約書 (EULA) を自動的に受け入れます。

/IISExpress

Not used for Windows Azure installations.

PHP の x86 バージョンをインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products: PHP

既定のドキュメント、ディレクトリ参照、静的なコンテンツをインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products: StaticContent, DefaultDocument, DirectoryBrowse

特定の Web PI のわかりやすい XML ファイルを使用して製品をインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products: MyProduct /XML: MyXML

アプリケーション DasBlog をインストールするには

WebPICmdLine.exe /Applications: DasBlog 

有効なアプリケーション パッケージ (ZIP ファイル) をインストールするには

Webpicmdline.exe /package:[path to app.zip][@parameters.app]

指定したフィードからすべての製品をインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products:All /Feeds:Media, http://localhost/feelist.xml

製品およびアプリケーションと共に特定のフィードから、指定した製品およびアプリケーションをインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products:A,B,FastCGI /Applications:app1@app1.app,app2@app2.app,DasBlog /XML:http://localhost/myProductList.xml /Feeds: Enterprise, http://localhost/myfeed.xml

製品を特定の言語でインストールするには

WebPICmdLine.exe /Products:A,B,C /Language:fr

表示:
© 2014 Microsoft